“丸坊主”は体罰? AKB48峯岸みなみ騒動めぐりネット上で議論過熱 | RBB TODAY

“丸坊主”は体罰? AKB48峯岸みなみ騒動めぐりネット上で議論過熱

エンタメ ブログ

 “お泊り愛”騒動を丸坊主で謝罪したAKB48・峯岸みなみの行動に端を発し、ネット上では「丸坊主」をめぐり「体罰だ」「潔い」「やり過ぎだ」など、様々な意見が飛び交い、議論が加熱している。

 女性が、しかもアイドル界のトップに君臨するグループの人気メンバーが頭を丸めて謝罪するというセンセーショナルな話題に、ネット上ではモノ申すユーザーで溢れている。AKB48などアイドルのオタクを自称する南海キャンディーズの山里亮太は、「え!?坊主!? この世界はどうなってるんだ!?」と嘆き、AKB48の熱心なファンとして知られるマンガ家の小林よしのり氏は、「なんというかもう……素晴らしい! みぃちゃんのAKB48に残りたいという執念と覚悟を、女の命である髪を切ってまで表した態度に感動した!」と絶賛。タレントのフィフィは「ポリティカルなポリシーで丸坊主にしてる人も、治療中であえて剃った人もいる。"丸坊主で反省"って風潮やめません?失礼ですよ。怒」と怒りをあらわに批判する。

 一般ユーザーの反応も様々。当の峯岸は、丸刈りは自主的に行ったものだとしているが、折悪しく桜宮高校などの体罰問題が世間を騒がせているこのタイミングとあって、「これって体罰やんね」「体罰問題に匹敵する秋元からのパワハラだな」と、体罰やパワーハラスメントと結びつける声もある。

 そうした声に、先の小林氏は「元々AKB48が嫌いなだけのアンチが『パワハラ』とか、『体罰』とか、最近の流行のキーワードを使って、大ごとにしようと企んでくる」と言及し、「丸坊主のモデルも出てきたし、『髪は女の命』なんて思ってる古風な者はわしくらいのものかと思っていた。でも、丸坊主が『パワハラ』とか、『体罰』とか言うのなら、古風な『良識派』がよっぽど多いのだろうなあ。退屈な『良識派』どもの、クソつまらんバッシングなど、全部わしが引き受けてやる!」と気炎を上げる。

 小林氏の言う“古風な良識派”であるかどうかは別として、一方では丸刈りが「犯罪者への刑罰や“見せしめ”を連想させる」と指摘する声や、かつて第2次世界対戦時にナチスに協力した女性への「辱め」の仕打ちを連想するとして不快感を示す声もある。

 1日13時現在も、TwitterやSNS等では「丸刈り」「坊主頭」がトレンドワードとしてあがるっている状況。まだまだ議論は続きそうだ。
《花》

関連ニュース

特集

page top