ソーシャルゲーム市場、成長鈍化するも2013年度には4000億円台を突破……矢野経済研調べ | RBB TODAY

ソーシャルゲーム市場、成長鈍化するも2013年度には4000億円台を突破……矢野経済研調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

日本国内におけるソーシャルゲーム市場規模推移と予測
  • 日本国内におけるソーシャルゲーム市場規模推移と予測
  • ソーシャルゲームとオンラインゲーム・コンシューマゲームとの違い
 矢野経済研究所は10日、国内ソーシャルゲーム市場に関する調査結果を発表した。調査期間は2012年11月~12月で、国内SNS事業者、ソーシャルアプリプロバイダ、ゲームパブリッシャー・ディベロッパー、オンラインゲーム事業者等が対象。

 それによると、2012年度の国内ソーシャルゲーム市場は、前年度比137%の3,870億円だった。また成長率は鈍化するものの、今後も拡大基調が予測されており、2013年度は同110%の4,256億円となる見込み。

 今後、国内ソーシャルゲームユーザーの主要端末はスマートフォンに移行することが考えられ、大手SNS事業者がスマートフォン対応を積極化させている。海外展開も本格化しており、さらなる市場の拡大が予想される。一方で、厳しい市場環境が想定されるため、ゲームタイトルにおけるマネタイズの成否が今後の市場発展の大きな焦点となると、同社では考察している。

 なお同市場規模は、日本国内のユーザーがソーシャルゲームの利用対価として支払った金額の合計であり、広告収入は含まないものとなっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top