堀田茜、初主演映画で「コスプレしながら監禁されるシーンが大変でした…」 | RBB TODAY

堀田茜、初主演映画で「コスプレしながら監禁されるシーンが大変でした…」

堀田茜と稲葉友が29日、都内で行われた映画『ダウト-嘘つきオトコは誰?-』製作発表イベントに登場した。

エンタメ 映画・ドラマ
堀田茜【撮影:小宮山あきの】
  • 堀田茜【撮影:小宮山あきの】
  • 堀田茜【撮影:小宮山あきの】
  • 堀田茜、稲葉友【撮影:小宮山あきの】
  • 堀田茜、稲葉友【撮影:小宮山あきの】
  • 堀田茜【撮影:小宮山あきの】
  • 稲葉友【撮影:小宮山あきの】
  • 堀田茜【撮影:小宮山あきの】
  • 堀田茜、稲葉友【撮影:小宮山あきの】
 堀田茜と稲葉友が29日、都内で行われた映画『ダウト-嘘つきオトコは誰?-』製作発表イベントに登場した。

 人気恋愛アプリゲームが原作の同作は、彼氏の浮気発覚をきっかけに婚活パーティーに参加したヒロインが、会場で出会ったハイスペックな10人の男の嘘を見抜く“恋愛ミステリー”。

 同作が映画初主演作となる堀田は、「今年の秋に公開になります。アプリをプレイした方も、していない方も楽しめる作品になっています」と笑顔でアピール。

 初主演の話を聞いたときの心境について「びっくりしましたし、初主演に不安があったんですけど、もともと私もプレイしていた作品だったので、すごくご縁を感じました」とふり返った。

 10人の男たちの嘘を見抜くヒロインという役どころについては、「もうバトルでしたね。戦いでした」と演じた感想を吐露。

 「推理するときやダウトする瞬間は長ゼリフが多かったので、セリフとの戦いもあって。セリフをかんでNGを出したくないって自分の中で決めていたので、寝不足でも夜にセリフを頭の中に叩き込んで(現場に)行っていましたね」と苦労を明かした。

 原作ゲームで人気のキャラクター・唯川至を演じる稲葉は、「ゲームアプリが映画になることが新しい試みですし、面白い企画だと思いました。現場に参加できた楽しさがありましたね」とコメント。

 堀田の初主演ぶりを聞かれると、「完璧でしたよ。そもそもの設定が、10人の男たちが寄ってきちゃう魅力がある女性じゃないといけなかったので、それだけの魅力の部分をきっちりと体現されていました。凛として美しかったです」と絶賛した。

 また、「撮影時に印象に残っていることは?」との問いに堀田は、「コスプレをしながら監禁されるシーンが大変でした。長時間、水に打たれながら倒れているシーンがあって、耳にも鼻の穴にも水が入ってセリフも言えないような状況でした。体を張ったので見ていただきたいです」とエピソードを披露。

 このシーンの撮影について稲葉も、「きつかったです。堀田さんは動いちゃいけないので、打ち上げられた魚が水を浴びせられているような感じで、どれだけ今苦しいんだろう…って思いながら、見守っていました。すごい人だなって思いました」と感想を語った。

 作品にちなみ、「人の嘘を見抜くことができる?」とふられた稲葉は、「無理です」ときっぱり。堀田は「私も苦手なので、今回の役はすごく勉強になりました。本人の嘘をつくときの目線とか、ちょっとした仕草とかが、ああこうやって騙されちゃうんだなってわかったので、役を通してかなり腕が上がったと思います」と自信満々に語り、笑みを浮かべていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top