東芝、コンバーチブル12.5型タッチ液晶Ultrabookなど「dynabook」Webモデルを11機種 | RBB TODAY

東芝、コンバーチブル12.5型タッチ液晶Ultrabookなど「dynabook」Webモデルを11機種

 東芝は、同社製パソコン「dynabook」のWeb直販モデルを11モデル発表。10月26日からの販売開始に向けて注文の受付を開始した。

IT・デジタル ノートPC
コンバーチブル12.5型タッチ液晶Ultrabook「dynabook R822」のフラットスタイル
  • コンバーチブル12.5型タッチ液晶Ultrabook「dynabook R822」のフラットスタイル
  • 「dynabook R822」のタブレットスタイル
  • 「dynabook R822」のノートPCスタイル
  • 13.3型液晶Ultrabook「dynabook R632」
  • 地デジ3波対応の23型フルHD液晶一体型デスクトップPC「dynabook REGZA PC D732」
 東芝は、同社製パソコン「dynabook」のWeb直販モデルを11機種発表。10月26日からの販売開始に向けて注文の受付を開始した。

 おもな機種と同社直販サイト価格として、コンバーチブル12.5型タッチ液晶Ultrabook「dynabook R822/WT8GS、WT9GS」は129,800円~、13.3型液晶Ultrabook「dynabook R632/W1UGS、W1UGK、W1RGS、W0LGS」は102,800円~、23型フルHD液晶一体型デスクトップPC「dynabook REGZA PC D732/WVTB、WVMB」は154,800円~。

■コンバーチブル12.5型タッチ液晶Ultrabook「dynabook R822/WT8GS、WT9GS」

 通常のノートPCとしてはもちろん、液晶を傾斜させてキーボードと液晶が水平となるフラットスタイルや、液晶をスライドさせてキーボードを隠しタブレットPCスタイルとしても利用できる3WayのUltrabook。液晶ディスプレイは12.5型のタッチパネル付きとした。

 ストレージはSSDを採用し、容量128GB「WT8GS」と同256GB「WT9GS」の2モデルをラインアップ。それぞれOfficeの有無を選択できる。

 OSはWindows 8、CPUはCore i5-3317U(1.7~2.6GHz/2コア)、メモリは8GB、ワイヤレスは802.11b/g/nとBluetooth 4.0、インターフェースはHDMI/USB3.0×2/3.5mmステレオミニなど、バッテリの連続区度時間は約6時間、本体サイズは幅326.5×高さ19.9×奥行き213mm、重さは約1.49kg。

■13.3型液晶Ultrabook「dynabook R632/W1UGS、W1UGK、W1RGS、W0LGS」

 本体サイズの高さが最薄部で8.3mm、重さが約1.12kgの薄型軽量ボディとなる13.3型液晶Ultrabook。OSはWindows 8、ストレージはSSDを搭載する。

 CPUやメモリとストレージの容量、ワイヤレス、本体カラーの違いにより4モデルをラインアップ。それぞれOfficeの有無を選択できる。

 「W1UGS」はCore i7-3667U vPro(2~3.2GHz/2コア)/8GBメモリ/256GB SSD、802.11a/b/g/nとWiMAX、アルティメットシルバー。「W1UGK」は「W1UGS」と同仕様でシャンパンゴールド。「W1RGS」はCore i5-3317U(1.7~2.6GHz/2コア)/4GBメモリ/256GB SSD、802.11a/b/g/nとWiMAX、「W0LGS」はCore i3-3217U(1.8GHz/2コア)/4GBメモリ/128GB SSD、802.11b/g/nとBluetooth 4.0。

 ほかは共通で、インターフェースはHDMI/USB3.0/USB2.0×2/ミニD-sub15ピン/3.5mmステレオミニなど、バッテリの連続駆動時間は約9時間、本体サイズは幅316×高さ8.3~15.9×奥行き227mm。

■23型フルHD液晶一体型デスクトップPC「dynabook REGZA PC D732/WVTB、WVMB」

 ダブルの地上・BS・110度CSデジタルテレビチューナーとBDXL対応Blu-rayディスクドライブを搭載したAV仕様の23型フルHD液晶一体型デスクトップPC。CPUやメモリ容量の違いで2モデルをラインアップ。それぞれOfficeの有無を選択できる。「WVTB」はCore i7-3630QM(2.4~3.4GHz/4コア)/8GB、「WVMB」はCore i5-3210M(2.5~3.1GHz/2コア)/4GBを搭載する。

 ほかは共通で、OSはWindows 8、ストレージは2TB HDD、ワイヤレスは802.11b/g/n、インターフェースはHDMI/USB3.0×4/USB2.0×2/D4/3.5mmステレオミニなど、本体サイズは幅562×高さ439×奥行き190mm、重さは約9.5kg。

 上記3機種のほか今回発表の8機種は次のラインアップ。「dynabook R732/W5UG、W3UG」は171,800円~、「dynabook R732/W4PG、W3PG、W2PG、W1PG」は111,800円~、「dynabook Satellite T772/W5TG、W4TG」は135,800円~、「dynabook Satellite T572/W4TG、W3MG」は125,800円~、「dynabook Satellite T652/W5VGB、W4VGB、W5UGB、W4UGB」は129,800円~、「dynabook Satellite T752/WVTGB」は150,800円~、「dynabook Satellite T752/WVJGB」は118,800円~、「dynabook Satellite B352/W2MG、W2JG、W2CG」は56,800円~。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top