ニブンノゴ!宮地、右足首骨折で全治2ヵ月も仕事は休まず……「松葉杖をついて続けます」 | RBB TODAY

ニブンノゴ!宮地、右足首骨折で全治2ヵ月も仕事は休まず……「松葉杖をついて続けます」

エンタメ ブログ

右足首骨折で全治2ヵ月のニブンノゴ!宮地謙典
  • 右足首骨折で全治2ヵ月のニブンノゴ!宮地謙典
  • 骨折を報告した宮地謙典のブログ
 お笑いトリオ・ニブンノゴ!の宮地謙典が、9日に行われた吉本の若手芸人による運動会で右足首を骨折していたことが分かった。自身のブログで伝えている。

 宮地は10日付けのエントリーで、「私宮地は昨日の若手運動会で自分の不注意により骨折してしまいました」と報告。件の運動会とは千葉・生命の森リゾートで開催された「LAUGH SPORTS FES 2012 in CHIBA~よしもと若手“ほぼ”オールスターズ大運動会~」のこと。全治2ヵ月のケガであることを明かし、「2ヶ月ほど相方を始め芸人仲間、仕事のスタッフさんに大変ご迷惑をおかけします。申し訳ないです」と陳謝した。なお、仕事は松葉杖をついた状態で続けるとのことで、「1日も早く完治するような治療にも専念します」とつづっている。

 ニブンノゴ!は1997年に宮地と森本英樹、大川知英の3人で結成。宮地はリーダーでツッコミ担当。大川と森本は先輩芸人であるロンドンブーツ1号2号の田村淳率いるヴィジュアル系ロックバンド「jealkb」のメンバーでミュージシャンとしても活動している。
《花》

関連ニュース

特集

page top