パイオニア、テレビへの省スペースな設置を想定したホームシアターシステム一挙4機種 | RBB TODAY

パイオニア、テレビへの省スペースな設置を想定したホームシアターシステム一挙4機種

IT・デジタル その他

「HTP-HW950」
  • 「HTP-HW950」
  • 「HTP-SB550」
  • 「HTP-S757」
  • 「HTP-S353」
 パイオニアは6日、テレビの周りへの省スペースな設置を想定したホームシアター4機種を発表した。販売開始は、「HTP-S757」が10月上旬、「HTP-HW950」「HTP-SB550」「HTP-S353」が10月中旬。価格はオープン。

 予想実売価格は「HTP-HW950」「HTP-S757」が65,000円前後、「HTP-SB550」「HTP-S353」が35,000円前後。

 全機種は薄型液晶テレビでの使用を想定したホームシアターシステム。「HTP-HW950」「HTP-SB550」は手軽な設置ができるバータイプを採用したモデルで、「HTP-S757」「HTP-S353」は本格的なサラウンド表現が可能な5.1chに対応するモデル。

 全機種の特徴として、迫力があり自然なサラウンド表現を可能とする独自技術「フェイズコントロール」を採用している。また、Bluetoothに対応し、スマートフォンやタブレット、ノートPCからワイヤレスで音楽データを再生可能。さらに、後方にもスピーカーがあるような音場再現ができる「バーチャル3D サウンド」を搭載する。

 「HTP-HW950」は、両面駆動が可能な独自の「HVT方式」を採用する薄型モデルで、2.1chに対応。両面から音を放射することで、広い音場表現を可能としている。「HTP-SB550」は、横幅80cmのコンパクトなバースピーカーを採用するモデルで、3.1chに対応する。

 「HTP-S757」は、径6.6cmのコーン型ウーハーと径2.6cmのセミドームツィーターの2WAY円柱型スピーカーを採用し、幅広い音域を再現できる上位モデル。「HTP-S353」は、フロント/サラウンドスピーカーを重ねて設置することもできるコンパクト設計を採用するモデル。

 実用最大出力は、「HTP-HW950」が80W、「HTP-SB550」が100W、「HTP-S757」「HTP-S353」が140W。サブウーハーの本体サイズは共通で、幅453×高さ128×奥行き353mm、重さは7.6kg。インターフェースはHDMI入力×3/HDMI出力/光デジタルなど。

 各機種のスピーカー部のサイズは、「HTP-HW950」が幅900×高さ71×奥行き93mm、重さは1.6kg。「HTP-SB550」が幅800×高さ88/100×奥行き102mm(スタンド使用時)、重さは1.5kg。

 「HTP-S757」のフロント/サラウンドスピーカーのサイズは、幅250×高さ1,110×奥行き250mm、重さはフロントスピーカーが3.5kg、サラウンドスピーカーが3.4kg。センタースピーカーは、幅230×高さ80×奥行き90mm、重さは0.7kg。

 「HTP-S353」のフロント/サラウンドスピーカーのサイズは、幅95×高さ80×奥行き90mm、重さは0.3kg。センタースピーカーは、幅230×高さ80×奥行き90mm、重さは0.7kg。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top