コンセントへの埋め込み型でスッキリと設置できるWi-Fiルータ | RBB TODAY

コンセントへの埋め込み型でスッキリと設置できるWi-Fiルータ

IT・デジタル 周辺機器

「MZK-KR150N」
  • 「MZK-KR150N」
  • 「MZK-KR150N」側面
  • コンセントへの埋め込みイメージ
 プラネックスコミュニケーションズは23日、壁面コンセントへの埋め込み型Wi-Fiルータ「MZK-KR150N」を発表した。販売開始は4月6日。価格はオープンで、予想実売価格は9,800円前後。

 同製品は、一般家庭のコンセットへ埋め込み可能な形状に設計されたWi-Fiルータ。埋め込み時の奥行きは約7mmとなり、コンパクトな設置ができる。また、有線LANポートも装備する。

 省電力機能として、使用状況に応じて自動的に消費電力の調整を行なう「アクティブエコ」を搭載。また、有線LANの使用状況にあわせて消費電力を調整する最新技術「EEE(Energy Efficient Ethernet)」を採用している。

 そのほかの特徴として、広がる電波の特性に合わせ最適な形状に設計したという、可動式の3dBiハイパーアンテナを本体に搭載。また、パソコンと家庭用ゲーム機など、セキュリティレベルの異なる機器に応じて、セキュリティレベルを変更して使用できる「マルチSSID」に対応する。

 無線LAN規格は802.11b/g/n。本体サイズは幅74×高さ120×奥行き49mm、重さは約140g(アンテナを含む)。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top