父は元プロ投手!AKB48倉持、始球式に挑むも「テンションが下がってしまいました」 | RBB TODAY

父は元プロ投手!AKB48倉持、始球式に挑むも「テンションが下がってしまいました」

エンタメ その他

始球式に挑む倉持明日香
  • 始球式に挑む倉持明日香
  • フレンチ・キス
  • フレンチ・キス
  • 「ロマンス・プライバシー」ジャケット
 アイドルグループAKB48の柏木由紀、高城亜樹、倉持明日香で結成されたユニット、フレンチ・キスが18日、横浜スタジアムで行われたプロ野球・DeNA対ヤクルト戦で始球式を行った。

 マウンドに立ったのは、かつてロッテ、ヤクルトなどで活躍した投手・倉持明氏を父にもつ倉持明日香。父やDeNA三浦大輔選手とのキャッチボールで肩を慣らし、万全の調整で始球式に臨んだものの、ボールはワンバウンドして打席の内村賢介選手(DeNA)にデッドボール。倉持は悔しがりながら、またのリベンジを誓った。

 父のグローブを借りて始球式に挑んだ倉持だったが、残念な結果に「『お父さんに、お前バウンドかよ』と言われ、テンションが下がってしまいました」とガッカリ。しかし、メンバーは「足を上げた瞬間、スイッチが切り替わったと思いました。カッコ良かったです!(柏木)、」「やっぱりボールを持つと変わりますね!(高城)」と称賛しきりの様子だった。

 フレンチ・キスは18日に5枚目のシングル「ロマンス・プライバシー」をリリース。YouTubeのフレンチ・キスオフィシャルチャンネルでは、新曲のビデオクリップをダイジェストで公開している。

《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top