東芝、家族の個人録画フォルダやゴルフモード対応など液晶テレビ「ファミリーレグザ」発表 | RBB TODAY

東芝、家族の個人録画フォルダやゴルフモード対応など液晶テレビ「ファミリーレグザ」発表

 東芝は29日、液晶テレビ「REGZA(レグザ)」で新たに家族での使い勝手を高めた「ファミリーレグザ」をうたう「G5」シリーズを発表した。50型「50G5」の1機種をラインアップする。

IT・デジタル テレビ
50型「50G5」
  • 50型「50G5」
  • 斜めからの製品画像
  • 「マイフォルダ」を使い録画番組を整理・管理するイメージ
  • 付属のリモコン
 東芝は29日、液晶テレビ「REGZA(レグザ)」で新たに家族での使い勝手を高めた「ファミリーレグザ」をうたう「G5」シリーズを発表した。50型「50G5」の1機種をラインアップし、販売開始は6月下旬、価格はオープンで、予想実売価格は200,000円前後。

 同製品は、ダブルの地上・BS・110度CSデジタルテレビチューナーとUSB外付けHDD録画機能を搭載。番組視聴中に別番組を録画する「ウラ録」に対応する。録画用のUBS外付けHDDは、市販のUSBハブを使い最大4台まで同時に接続できる。

 録画番組は、「おとうさん」「おかあさん」「ぼく」といった「マイフォルダ」を設けて整理・管理が可能。録画予約の際にフォルダを指定し、指定フォルダに直接録画することもできる。

 「ちょっとタイム」ボタンを搭載し、番組視聴中に同ボタンを押すと録画が始まり、再度ボタンを押すことで録画を開始した場面から番組を再生。番組視聴中に電話や急な来客などで番組視聴が中断する際には、観たいシーンを見逃す心配がない。

 また、ゴルフ番組を便利でよりきれいに視聴できるようにする「ゴルフモード」に対応。カラーテクスチャーの復元やゴルフモード専用の高画質化処理を行なう。番組表からゴルフ番組を簡単に探せる「ゴルフ番組検索」機能も搭載する。

 液晶パネルはVA方式の倍速LEDパネル、解像度は1,920×1,080ピクセルのフルHD、ダイナミックコントラスト比は580万:1、コントラスト比は5,000:1、映像処理エンジンは「レグザエンジン」、超解像技術「レゾリューションプラス4」や「おまかせドンピシャ高画質2」などを搭載する。10Wスピーカーを2基内蔵。インターフェースはHDMI×3/D5/光デジタル音声/LAN/USBなど。スタンドを含む本体サイズは幅113.8×高さ68.3×奥行き28.8cm、重さは22.5kg。付属品は転倒防止用クリップなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top