富士通、次世代移動通信システム「LTE-Advanced」向け高性能受信方式を開発 | RBB TODAY

富士通、次世代移動通信システム「LTE-Advanced」向け高性能受信方式を開発

エンタープライズ モバイルBIZ

新開発された技術
  • 新開発された技術
  • 処理の流れ
  • 複数ユーザー向け信号の送信方法の比較
  • 信号分離技術の比較
 富士通研究所は8日、次世代移動通信システム「LTE-Advanced」向けとなる高性能受信方式を新たに開発したことを発表した。

 LTEは、最大300Mbpsの通信速度が実現可能な方式だが、LTE-Advancedでは、さらに高速の最大3Gbpsの通信速度が規定されている。その基盤技術としては、基地局と端末側でそれぞれ複数のアンテナを利用する「MIMO」を発展させた「マルチユーザーMIMO」が採用されているが、端末で自分向けの信号だけを高精度に分離することは、困難とされていた。

 今回、受信信号から他ユーザー向けの信号の変調方式を推定する方法を開発、マルチユーザーMIMOシステムに、信号候補を比較し、もっとも確からしい信号を判定する「MLD(Maximum Likelihood Detection:最尤検波)技術」を適用することが可能となり、高精度な信号分離に対応した。これにより、従来は難しいとされていた高精度な信号分離を可能にし、受信性能の大幅な改善を実現できるという。大都市やイベント会場などの混雑した状況において、通信速度が最大で約1.5倍に改善、データのダウンロード時間を最大約30%削減できるとのこと。

 今後富士通研では、推定精度のさらなる改善および小型化の検討を進め、2015年頃の実用化を目指すとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top