Facebookへの写真投稿など、「友人による勝手な情報公開」に9割以上が不快……トレンドマイクロ調べ | RBB TODAY

Facebookへの写真投稿など、「友人による勝手な情報公開」に9割以上が不快……トレンドマイクロ調べ

ブロードバンド セキュリティ

友人・知人が勝手に自分の情報や写真をFacebookで公開していた場合にどのように感じるか(全回答者618名)
  • 友人・知人が勝手に自分の情報や写真をFacebookで公開していた場合にどのように感じるか(全回答者618名)
  • Facebookをどのように使っているか(利用中の309名)
  • 自分でFacebookにコメントや写真を投稿する際に心がけていること(情報共有している158名)
  • 携帯電話(PHS含む)で写真を撮って、SNSやblogなどで共有したことはあるか?(携帯電話を利用中の587名)
  • GPS機能を持った携帯電話などで写真を撮ると、写真に位置情報が付加される機能を知っているか?(携帯電話を利用中で、共有もしたことがある179名)
 トレンドマイクロは11日、Facebookを中心としたSNSについて「プライバシーに関するWebアンケート調査」を実施した結果を発表した。調査期間は3月28日~29日で、18歳以上の国内インターネットユーザー618名から回答を得た。

 それによると、Facebookの使用目的1位は「友人・知人の近況を知る」(75.4%)、2位は「日々の出来事を友人・知人と共有する」(51.1%)となった。「日々の出来事を友人・知人と共有する」と回答したユーザーに、コメントや写真を投稿する際に心がけている点を聞いたところ、51.3%が「自分のことや自分の写真だけを投稿している」、24.1%が「友人・知人も写った写真を投稿する際は必ず本人に断っている」、22.8%が「友人・知人も写った写真は投稿しない」と回答。必ずしも他人の情報を投稿する際に承諾を得ていない状況が明らかとなった。

 一方で回答者全体に、友人・知人が勝手に自分の情報や写真をFacebookで公開していた場合にどのように感じるかを聞いたところ、「まったく気にしない」としたユーザーは9.4%にとどまり、全体の9割以上がFacebook上で自分の情報が知らないうちに扱われることに、不快感を示した。実際には「非常に不快」が46.9%を占めており、勝手に情報公開された(と相手が感じた)場合、深刻なトラブルとなる可能性が高い。

 また携帯電話ユーザーに、「携帯電話の写真をSNSやブログで公開した経験の有無」について聞いたところ、30.5%のユーザーが経験ありと回答したが、そのうち35.2%のユーザーは「GPS機能を持った携帯電話で写真を撮ると、写真に位置情報が付加される」機能について知らなかった。

 トレンドマイクロでは、他人のプライバシーにかかわる情報について、自身でも気付かないうちにSNS等で公開している恐れがあると指摘した上で、「投稿する情報に対して他者がどのように感じるか」を考慮するよう注意喚起している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top