コピペやキャプチャによる情報漏洩を抑止!ファイル暗号化・追跡ツール | RBB TODAY

コピペやキャプチャによる情報漏洩を抑止!ファイル暗号化・追跡ツール

IT・デジタル セキュリティ

画面透かしは日時や端末情報などを可視化して背景に透過する形となるため、スマートフォンなどで撮影してもひと目で判別することが可能となっている(画像はプレスリリースより)
  • 画面透かしは日時や端末情報などを可視化して背景に透過する形となるため、スマートフォンなどで撮影してもひと目で判別することが可能となっている(画像はプレスリリースより)
デジタルアーツはPCの画面撮影による不正を抑止する機能を搭載した企業・官公庁向のファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」の新バージョンを2月1日から提供開始することを発表した。

 「FinalCode」は情報漏洩対策を行うファイル暗号化・追跡ツールで、閲覧状況の追跡やファイルのリモート消去なども可能としたソリューションとして、企業や官公庁などで広く利用されているという。

 新バージョンとなる「FinalCode Ver.5.2」では、暗号化ファイル内データのコピー・ペーストや、キャプチャアプリケーションの同時起動を抑制する機能に加えて、ファイルを開いた時に画面上に表示されるデータに透かしを入れる機能が追加されている。

 そのためスマートフォンやデジカメなどでPC画面を撮影した場合、日時やデータ表示端末の識別が可能となるため、仮にその写真データがインターネット上に流失する事態となっても、いつ、どの端末から情報が漏洩したのかが一目瞭然なので、抑止効果と流出元の特定といった効果が期待できる。

 また、ネットワーク分離等で仮想環境で動作している端末でも、同様に画面透かしによる対応を可能としている。

「FinalCode」はクラウド版とオンプレミス版が用意されており、価格は1ライセンス1,000円/月から。自治体限定版などもラインナップされている。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top