エプソン、メモリ内蔵で3D対応ヘッドマウントディスプレイ……Android搭載でWi-Fiにも対応 | RBB TODAY

エプソン、メモリ内蔵で3D対応ヘッドマウントディスプレイ……Android搭載でWi-Fiにも対応

IT・デジタル 周辺機器

「MOVERIO BT-100」
  • 「MOVERIO BT-100」
  • 「MOVERIO BT-100」
 エプソンは9日、メガネのように装着するヘッドマウントディスプレイ「MOVERIO BT-100」を発表した。販売開始は11月25日。価格はオープンで、同社直販サイト価格は59,980円

 「MOVERIO BT-100」は、メガネのように装着し、目の前の映像やWebコンテンツを視聴すると同時に周囲の状況を確認することができる、コンシューマー用ヘッドマウントディスプレイとしては世界初のシースルータイプのモバイルビューワー。バッテリと1GBのメモリを内蔵し単体での動作も行なえ、移動中などでも利用できる。また、microSDカードに保存したデータのほかWi-Fiにも対応して、ネットワーク経由での視聴も可能となる。

 遠くを見るほど画面が大きくなる(5m先で80型/20m先で320型相当)という、同社独自の光学技術と高精彩の透過ディスプレイを採用。通常の2D映像のほか、サイド・バイ・サイド表示の3D映像も視聴できる(2D/3Dのリアルタイム変換機能は非対応)。

 本体はヘッドマウントディスプレイとコントローラーで構成される。ヘッドマウントディスプレイは、0.52型のワイド液晶パネルを採用し、ミラーで反射させることで眼前に画面が浮かび上がる。解像度は960×540ピクセルで、画角は約23度。ツルの両側にイヤホン出力端子を搭載し、付属のモノラルイヤホンを1本ずつ接続して音声を聴くこともできる。またDolby Mobileを採用し、サラウンドの迫力ある音声を再現するとうたう。Android2.2搭載で、リチウムポリマー充電池内蔵のコントローラーは、スマートフォンやタブレットPCと同様、タッチパネルによる操作が可能。Androidマーケットには非対応だが、アンドロイド情報サイト「andronavi」や「AndroApp」などからアプリケーションをインストールし、機能を追加することができる。

 おもな仕様として、再生フォーマットは、動画はMPEG4/H.264、音声はAAC/MP3。インターフェースはmicro-USB/ヘッドセット接続端子/ステレオミニジャック(16Ω以上)/microSDカードスロットなど。ワイヤレスはIEEE802.11b/g/n。連続駆動時間は約6時間。本体サイズ/重さは、ヘッドマウントディスプレイが幅205m×高さ47×奥行き178mm/240g(ケーブル含まず)、コントローラーが幅67×高さ107×奥行き19mm/165g。付属品は、USBケーブル/ACアダプタ/メガネフック/イヤホンなど。なお、幅147mm以上のメガネ装着時は使用できない。
《熊谷》

関連ニュース

特集

page top