国内主要ITサービスベンダー、小幅なマイナス成長が多数派に……IDC調べ | RBB TODAY

国内主要ITサービスベンダー、小幅なマイナス成長が多数派に……IDC調べ

エンタープライズ 企業

国内ITサービス市場 上位5ベンダーの国内ITサービス売上高と前年度比成長率、2011年3月期
  • 国内ITサービス市場 上位5ベンダーの国内ITサービス売上高と前年度比成長率、2011年3月期
 IDC Japanは15日、国内ITサービス市場におけるベンダー競合分析結果を発表した。2011年3月期(2010年度)に主要ベンダーの国内ITサービス売上高は、合併による売上拡大の影響があったITホールディングスを除き、マイナス成長で、厳しい市場環境が明らかとなった。

 2008年後半から続く国内の景気低迷にともなう企業のIT投資の抑制は2011年3月期も継続。国内ITサービス売上高が1,000億円を超える主要ITサービスベンダー12社では、2年連続でマイナス成長となるベンダーが多く、ソランの連結が通期で反映されたITホールディングスを除き、12社中11社がマイナス成長となっている。IDCでは2011年の国内ITサービス市場は、3年連続のマイナス成長となると予測している。

 一方で、成長率のマイナス幅は2010年3月期(2009年度)と比較して減少し、5%未満の小幅なマイナス成長となるベンダーが12社中9社を占めた。特にITサービス売上の大きい、上位5ベンダー(富士通、NEC、NTTデータ、日立製作所、IBM)は、すべて1.5%~3.5%程度のマイナス成長となった。

 これまで堅実な成長を続けてきたITアウトソーシング市場の成長率の低下も進行しており、主要ベンダー12社のうち6社で、ITアウトソーシング売上がマイナス成長。マイナス幅については、プロジェクトベース売上と比較すると大幅なマイナス成長となったベンダーは少なかったが、「売上の成長」という点からは、必ずしもITサービスベンダーに恩恵を与えるものではなくなりつつある現状が指摘された。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top