北川景子が声優初挑戦、共演の芦田愛菜を「プロの女優」と絶賛 | RBB TODAY

北川景子が声優初挑戦、共演の芦田愛菜を「プロの女優」と絶賛

エンタメ 映画・ドラマ

声優初挑戦の北川景子と芦田愛菜。北川は芦田を「プロ」と絶賛
  • 声優初挑戦の北川景子と芦田愛菜。北川は芦田を「プロ」と絶賛
  • アフレコに挑戦する北川景子
  • アフレコに挑戦する芦田愛菜
  • 2012年公開のアニメ『マジック・ツリーハウス』
 2012年公開のアニメ『マジック・ツリーハウス』の公開アフレコが15日に行われ、女優の北川景子、芦田愛菜が登場した。会見で北川は芦田愛菜の“プロぶり”に感心していた。

 『マジック・ツリーハウス』は、全世界で9,800万部を超えるベストセラー本が原作。森の中で不思議な小屋、マジック・ツリーハウスを発見した仲良し兄妹ジャックとアニーが、時空を超え本の世界へと飛び込むストーリーだ。

 北川景子は、気弱だけど正義感の強い“兄ジャック役”、そして、1ヶ月に数十冊の本を読むほど読書好きで、もともと本原作の大ファンだという芦田愛菜が “妹アニー役”を演じている。

 声優に挑戦した感想を聞かれた北川は、「声優初挑戦だったので、最初は分からず手探りでやっていましたが、皆さんに助けて頂きながら撮り終えました。普段は体を使ってお芝居をしているので、頷いたり、振り向いたり、走る動作を声で演じなければいけないので難しかったです。また、声の距離感も難しかったです」と声優の難しさを語った一方、芦田は「距離感を考えたり、『やったー!』と言うところで、手をたたいてしまい注意されてしまいました(笑)」と笑顔で答えるなど、声優業を気に入った様子だ。

 また、北川は芦田を「普段普通に接していると年相応な可憐な少女なんですが、いざお仕事になると集中力があり、子役さんと呼ぶのも失礼で、“プロの女優さん”だなと思います。色々こちらもお勉強させて頂きました」と“プロぶり”に感心していた。

 同映画は2012年1月7日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー公開される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top