2011年国内ITサービス市場、震災の影響は一時的で成長率「マイナス2.1%」……ガートナー予測 | RBB TODAY

2011年国内ITサービス市場、震災の影響は一時的で成長率「マイナス2.1%」……ガートナー予測

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

国内ITサービス市場規模の推移(出典:ガートナー、2011年8月)
  • 国内ITサービス市場規模の推移(出典:ガートナー、2011年8月)
 ガートナー ジャパンのリサーチ部門は8日、最新の「セグメント別国内ITサービス市場規模予測」を発表した。2011年の市場規模は、前年比マイナス2.1%の9兆6,301億円になる見込み。

 東日本大震災による市場への悪影響は、震災発生直後にガートナーが想定した範囲を大きく超えておらず、事業継続計画(BCP)/ディザスタ・リカバリ(DR)対応の強化などこれまで以上にITサービスの需要が高まる領域もあるものの、2011年成長率はマイナスになると予測した。さらに、2012年に各産業で業績回復が進めば、その後、ITサービス支出も少しずつ拡大すると予想し、2010年から2015年にかけての年平均成長率は0.3%、2015年の市場規模は9兆9,961億円になると予測している。

 サービス・セグメント別では、製品サポートは震災以前から成熟化の傾向が顕著なため、2015年までは市場縮小が続くと予測。開発/システム・インテグレーション(SI)市場では、震災直後を中心に、企業において新規プロジェクトへの投資に対する慎重な姿勢が強まった影響を受け、2011年は通期でもマイナス成長になり、コンサルティング活動が先行すると予測されている。またITマネジメント(ITアウトソーシング)は、2011年も前年とほぼ同じ規模で推移すると、同社ではみている。そしてプロセス・マネジメント(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)では、生産/消費活動の滞りにともない、コンタクトセンターやロジスティクス領域においてトランザクション量が低下し、市場が縮小すると予測している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top