富士通、人工知能研究30年の成果を「Zinrai」として体系化 | RBB TODAY

富士通、人工知能研究30年の成果を「Zinrai」として体系化

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Human Centric AI Zinrai」構成要素一覧
  • 「Human Centric AI Zinrai」構成要素一覧
  • デジタルビジネス・プラットフォーム「MetaArc」のイメージ
  • ビッグデータ利活用ソリューション「ODMA」のイメージ
 富士通は2日、AI(人工知能)に関する知見や技術を「Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」として体系化することを発表した。今後は、各種商品・サービスに実装するほか、活用コンサルティングなども開始する。

 富士通では、富士通研究所を中心に、1980年代より継続的にAIの実用化に向けた研究開発を開始。「Zinrai」では、これら30年にわたり取り組んできた「知覚・認識」「知識化」「判断・支援」「学習」などのAIに関するノウハウを集結させたという。100件を超える特許技術も含まれる。

 今後、「Zinrai」をさまざまな業種アプリケーションやミドルウェアなどの商品・サービスに実装していく予定で、第一弾として、「Zinrai」の機械学習技術を組み込んだビッグデータ利活用ソリューション「Operational Data Management & Analytics」(ODMA)の新サービスを開発中とのこと。また、デジタルビジネス・プラットフォーム「MetaArc」上で、「Zinrai」の技術をサービスとして展開していく計画だ。

 「AI活用コンサルティングサービス」では、推進組織として、「AI活用コンサルティング部」を11月1日付けで設立。専任のコンサルタントが外部企業を支援し、経営課題やニーズなどをヒアリングし、「Zinrai」の技術をもとに最適なAI活用シナリオを立案する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top