竹中工務店、iPad約3,000台を導入……ソフトバンクTが利用環境を構築 | RBB TODAY

竹中工務店、iPad約3,000台を導入……ソフトバンクTが利用環境を構築

エンタープライズ 企業

iPad AirのWhite/Silverモデル
  • iPad AirのWhite/Silverモデル
  • iPad mini RetinaのBlack/Space Grayモデル
  • 「竹中工務店」サイト
 ゼネコン大手の竹中工務店は、iPad AirやiPad mini Retinaディスプレイモデルなど約3,000台を導入する。ソフトバンクテレコムが3月26日、iPadの利用環境を、竹中工務店向けに構築・提供することを発表した。

 ソフトバンクテレコムは、iPadから社内システムにアクセスする手段として「ホワイトクラウド セキュアリモートアクセス」、インターネットにアクセスする手段として「ホワイトクラウド セキュアインターネットアクセス2」、それらを利用する際の認証サービスとして「ホワイトクラウドPKIプラットフォーム」「ULTINA RADIUS認証プラットフォーム」をそれぞれ提供。これによりセキュアでシームレスな環境を実現する。さらに、これらの設備を冗長化(二重化)することでDR(Disaster Recovery)に対応し、災害などで障害が発生した際の業務継続性を向上させる。

 竹中工務店に納入されるすべてのiPadは、「ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント」によりリモートで一元的に管理。紛失・盗難時のデータの遠隔消去やパスコードの設定などのセキュリティ対策をすべてのiPadに適用できる他、アプリケーションのインストール状況をリアルタイムに確認することも可能とのこと。

 竹中工務店では、iPadからシームレスに社内システムへアクセスして、関係者との情報共有を行うことで、「竹中スマートワーク」を推進するのが狙い。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top