ソニー、AVCHD Ver.2.0と3Dに対応した地デジチューナー搭載Blu-rayレコーダーのエントリーモデル | RBB TODAY

ソニー、AVCHD Ver.2.0と3Dに対応した地デジチューナー搭載Blu-rayレコーダーのエントリーモデル

IT・デジタル レコーダー

BDZ-AT750W
  • BDZ-AT750W
  • BDZ-AT350S
  • BDZ-AT750W
  • BDZ-AT350S
  • 付属リモコン
 ソニーは、HDビデオカメラ規格「AVCHD Ver.2.0」と3D動画、60p動画に対応したBlu-rayレコーダーのエントリーモデル「BDZ-AT750W」と「BDZ-AT350」を発表した。販売開始は8月6日。価格はオープンで、市場推定価格は前者が85,000円前後、後者が65,000円前後。

 両製品は、60p動画やAVCHDの拡張規格として7月に公開されたばかりの「AVCHD Ver.2.0」に対応。ダブルフルHD3Dの同社製「ハンディカム HDR-TD10」で撮影された3D動画の編集/保存など、ビデオカメラやデジカメで撮影された動画の取り扱いを意図した製品とされている。

 録画用回路に「インテリジェントエンコーダー3」を新搭載し、新アルゴリズムなどで長時間録画でも自然な画質を実現するとうたう。また、再生用回路に新搭載した「CREAS 4」により、3D再生時の最適な画質設定を選択や輪郭などの画質調整が可能。

 販売開始にあわせ、音声認識での番組検索を行う「Xperia」専用アプリ「Koe-Kara」が他Android搭載端末にも対応。Webアプリ「テレビ王国Chan-Toru」とあわせて利用すれば、外出先からの予約録画/録画タイトルの整理/予約ランキング表示などをスマートフォンで行うことができる。

「BDZ-AT750W」は地上デジタルチューナー(CATVパススルー対応)×2/BS・110度CSデジタルチューナー×2。本体サイズは約幅430×奥行き283×49.5mm、重さは約3.2kg。「BDZ-AT350S」は地上デジタルチューナー(CATVパススルー対応)×1/BS・110度CSデジタルチューナー×1。本体サイズは約幅430×奥行き233×49.5mm、重さは約2.8kg。

 両製品に共通するスペックとして、記録可能メディアは内蔵HDD(500GB)/BD-RE ver. 2.1/3.0/BD-R ver. 1.1/1.2/1.3/BD-R ver. 2.0/DVD-RW Ver.1.1/1.2/DVD-R Ver.2.0/2.1など。映像記録方式(BD/DVD/HDD)はMPEG2/MPEG4-AVC(HDD/BD)、音声記録方式(BD/DVD/HDD)はドルビーデジタル(2ch/5.1ch)/MPEG2-AAC(DRモード時)。

 アンテナ入出力は地上デジタル(UHF)/BS・110度。入出力端子は映像がHDMI出力端子×1(1080 60p/24p出力対応)/D端子出力(D1/D2/D3/D4)×1、コンポジット映像入/出力は各×1、S映像入/出力は各×1、ステレオ音声入/出力は各×1、デジタル音声出力(光)×1。USB×1、LAN端子×1(10BASE-T/100BASE-TX)。
《》

関連ニュース

特集

page top