ソニー、25倍・15倍ズームのデジタル双眼鏡……2D/3D撮影対応 | RBB TODAY

ソニー、25倍・15倍ズームのデジタル双眼鏡……2D/3D撮影対応

IT・デジタル デジカメ

利用イメージ(「DEV-30」)
  • 利用イメージ(「DEV-30」)
  • 「DEV-50V」レンズ側
  • 「DEV-50V」ファインダー側
  • 「DEV-30」レンズ
  • 「DEV-30」天面
 ソニーは、2D/3DのフルHD動画や2D静止画を撮影できるデジタル双眼鏡の2機種を発表した。販売開始は6月21日。価格はオープンで、予想実売価格は、「DEV-50V」が170,000円前後、「DEV-30」が130,000円前後。

 ソニーストアでも取り扱い、5月16日から銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪にて先行展示を行う。

 両機種は、従来機種「DEV-3」(2011年11月発売)との比較で、約30%小型・軽量化を図ったデジタル双眼鏡。新たに防塵・防滴設計を採用し、アウトドアレジャーやスポーツで利用できる。

 肉眼で見たときと比べて何倍大きく見えるかを示す双眼鏡倍率が、従来機種は0.8倍~10倍であったが、「DEV-50V」は最大25倍、「DEV-30」でも最大15倍までをカバー。左右のファインダー部には、同社製レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α」シリーズでも採用している有機ELビューファインダー「XGA OLED “Tru-Finder”」を搭載する。

 総画素数543万画素の1/3.91型裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R(エクスモア アール)」と、画像処理エンジン「BIONZ」をそれぞれ2つ搭載。双眼鏡で見える様子をAVCHD Ver.2.0に準拠した高精細なフルHDの高画質映像で記録できるほか、フルHDでの3D映像記録にも対応する。記録メディアはMS PRO Duo(MARK 2)/MS PRO-HG Duo/MS XC‐HG Duo/SD/SDHC/SDXC(SD/SDHC/SDXCはClass4以上推奨)。

 インターフェースはHDMI OUT端子、マルチ・マイクロUSB端子。本体サイズは幅148×高さ72.5×奥行き157.5mm(突起部含む)、重さは約765kg。付属品はリチャージャブルバッテリパック/ACアダプタ/マイクロUSBケーブル/HDMIマイクロ端子ケーブル/電源コード/ネックストラップ/レンズキャップなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top