東芝、「ピークシフト」ボタンでバッテリ視聴が可能な液晶テレビ「レグザ」 | RBB TODAY

東芝、「ピークシフト」ボタンでバッテリ視聴が可能な液晶テレビ「レグザ」

 東芝は、液晶テレビ「LEDレグザ(REGZA)」の新製品として、バッテリ内蔵モデルとなる19型「19P2」を発表した。販売開始は7月上旬。価格はオープンで、予想実売価格は50000円前後。

IT・デジタル テレビ
本体背面にバッテリパックを取り付けるイメージ
  • 本体背面にバッテリパックを取り付けるイメージ
  • リモコンで電源をAC電源からバッテリに切り替え可能なイメージ
  • 電源を切り替えられるリモコンの「ピークシフト」ボタン
  • 付属のワンセグ用アンテナを取り付け停電時などにワンセグ視聴が可能なイメージ
  • 19型「19P2」
  • 転倒防止用品の取り付けイメージ
 東芝は、液晶テレビ「LEDレグザ(REGZA)」の新製品として、バッテリ内蔵モデルとなる19型「19P2」を発表した。販売開始は7月上旬。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。

 内蔵バッテリは着脱式のバッテリパック「SD-PBP120JD」を使用し、1個を「19P2」に付属するほか、単体別売での購入も可能。単体での販売開始は8月上旬、価格はオープンで、予想実売価格は7,000円前後。

 リモコンの「ピークシフト」ボタンを押すだけで、テレビの仕様電源をAC電源から内蔵バッテリに切り替えが可能。バッテリの連続駆動時間の目安として、約5時間の充電で視聴時間は約3時間。さらに省エネ性能として、「節電」ボタンを押すことで画面の明るさや画質を自動調整して消費電力を約18%削減する「節電モード」を搭載。「ピークシフト」機能と「節電モード」の併用により、バッテリ駆動での視聴時間を4時間に延ばすこともできるという。

 バッテリパックの充電はテレビ本体の電源がOFF(スタンバイ)の時に行ない、「夜間充電モード」をONに設定することで、電力需要が比較的少ない夜間の時間帯(夜10時から朝9時)のみに充電することも可能となっている。

 また、ワンセグチューナーを内蔵し、ワンセグ用アンテナを付属しており、停電発生時など電源供給がなくなり、一時的に家庭用地デジアンテナが使用できなくなった場合でも、ワンセグ放送を視聴できる。

 おもな仕様として、液晶解像度は1,366×768ピクセルでLEDバックライト付き、コントラスト比は1,000:1、視野角は上下170度/左右160度。チューナーは地上デジタル×1でBS・110度CSや地上アナログは非搭載。スピーカーは2W×2。インターフェースはHDMI/D4/USB/ヘッドホンなど。

 スタンドを含む本体サイズは幅45.4×高さ34.2×奥行き20.4cm、重さは5kg(スタンド/バッテリパック含む)。付属品はシンプルレグザリモコン/バッテリパック/ワンセグ用アンテナ/ACアダプタ/電源コード/転倒防止用品など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top