Apple、バッテリー問題はiPhone固有の問題と説明 | RBB TODAY

Apple、バッテリー問題はiPhone固有の問題と説明

Appleは、自社のウェプページを更新し、バッテリーとiPhoneのパフォーマンスの関係性についてユーザーに説明している。

IT・デジタル スマートフォン
2014年に発売されたiPhone 6シリーズ (C)Getty Images
  • 2014年に発売されたiPhone 6シリーズ (C)Getty Images
  • (C)Getty Images
 Appleは、自社のウェプページを更新し、バッテリーとiPhoneのパフォーマンスの関係性についてユーザーに説明している。

 同社は、先だってバッテリーが消耗したiPhoneのパフォーマンスを意図的に低下させていたことを認めた。これに伴い、バッテリーを割引価格で交換するプログラムを展開しているが、今回のウェプページ更新はこうした展開の反響を受けてのものと思われる。

 注目すべきポイントはいくつかあるが、ユーザーとして実用に繋がりそうなのはまず、バッテリーのパフォーマンスを最大限に引き出す方法。すでにこれについても特設のページを設けているが、そこにはiPhone を長期間保管する場合は、50%前後充電した状態にしておくことや、iPhoneを長時間直射日光にさらすなど高温環境下で充電や放置するのは避けるといった方法が書かれている。

 また、その他のポイントでは今回のバッテリー問題が、iPhone固有の問題であることが明記されている。同社によれば今回の問題の引き金ともなった、電源管理機能の目的は、iPhoneをより長く利用できるようにするためのものであるとのこと。この電源管理機能は iPhone固有のもので、他の Apple 製品には適用されないことが伝えられている。
《KT》

関連ニュース

特集

page top