“UNIXの父”デニス・リッチーとケン・トンプソン、2011年「日本国際賞」を受賞 | RBB TODAY

“UNIXの父”デニス・リッチーとケン・トンプソン、2011年「日本国際賞」を受賞

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

デニス・リッチー博士
  • デニス・リッチー博士
  • ケン・トンプソン博士
 仏アルカテル・ルーセントは現地時間25日、ベル研究所のフェロー兼特別名誉技師のデニス・リッチー博士とベル研究所のフェローのケン・トンプソン博士(現グーグル特別技師)が、2011年「日本国際賞」の「情報・通信」分野で受賞したと発表した。

 日本国際賞(主催:財団法人国際科学技術財団)は、科学技術分野と世界に多大な貢献を果たした科学者・研究者を対象とし、年に一度贈られる賞。リッチー博士とトンプソン博士は、ベル研究所の研究者を務めていた1969年より、UNIXオペレーティングシステムとUNIX上で使用される「C言語」を開発。コンピュータのソフトウェア、ハードウェア、ネットワークを大幅に進化させるとともに、インターネットの実現を後押ししたことが認められ、受賞に至った。

 リッチー、トンプソンの両博士は、「米国家技術賞」、ACMの「チューリング賞」、IEEEの「ハミングメダル」、IEEEの「エマニュエル・ピオーリ賞」など数々の賞を受賞しており、ともに全米技術アカデミーに選出されている。2011年日本国際賞の受賞者には、日本国際賞週間に行われる授賞式(4月20日、東京で開催)にて、賞状と記念の金メダルが授与される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top