富士通とオラクル、性能強化したUNIXサーバ「SPARC M10」販売開始 | RBB TODAY

富士通とオラクル、性能強化したUNIXサーバ「SPARC M10」販売開始

エンタープライズ ハードウェア

富士通とオラクル、性能強化したUNIXサーバ「SPARC M10」販売開始
  • 富士通とオラクル、性能強化したUNIXサーバ「SPARC M10」販売開始
  • ベンチマーク測定結果(一部)
  • 「SPARC M10」紹介ページ(富士通)
  • 「SPARC M10」紹介ページ(オラクル)
 富士通と米オラクルは4月8日、動作周波数最大3.7GHz、16コアの新プロセッサ「SPARC64 X+(テンプラス)」を搭載し、従来に比べ約30%性能を強化したUNIXサーバ「SPARC M10-1」「SPARC M10-4」「SPARC M10-4S」の販売を、全世界同時で開始した。

 「SPARC M10」は、動作周波数3.7GHzの新プロセッサ「SPARC64 X+」の搭載により、従来機に比べ処理性能を最大約30%向上させたのが特徴。1CPUから64CPUまですべてのラインナップで、従来機種と同様に「Oracle Solaris 11」「Oracle Solaris 10」および「Oracle Solaris Legacy Containers」の利用による旧OSの動作をサポートする。

 とくに「SPARC M10-4S」では、同一システム内で、世代の異なるプロセッサ「SPARC64 X」と「SPARC64 X+」の筐体を混在させることが可能なため、既存の資産を有効活用できるのが特徴となっている。また主要な標準ベンチマークテストでは、15個の世界最高性能を達成しているとのこと。

 システムを停止することなくハードウェア構成を変更できる「Dynamic Reconfiguration機能」により、新プロセッサをはじめメモリやI/Oの増設、構成変更が可能。また、コア単位で性能を増強するCPU Activation機能や段階的に追加可能なモジュラー型の筐体構造をサポートする。

 今回の機能強化により、より大規模な既存システムの統合や既存資産を有効活用したモダナイゼーションが可能となる見込み。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top