NECとアルカテル、シンガポール-フランス間の大型海底ケーブルプロジェクトを受注 | RBB TODAY

NECとアルカテル、シンガポール-フランス間の大型海底ケーブルプロジェクトを受注

ブロードバンド テクノロジー

「SEA-ME-WE-5」敷設ルート
  • 「SEA-ME-WE-5」敷設ルート
 日本電気(NEC)は3月10日、フランスのアルカテル・ルーセントと共同で、シンガポールからフランスまでを結ぶ大容量光海底ケーブルプロジェクト「SEA-ME-WE-5」について、建設請負契約を「SEA-ME-WE-5コンソーシアム」と締結したことを発表した。

 このプロジェクトは、17カ国を結ぶ総延長約20,000kmの光海底ケーブルを敷設するというもの。毎秒100Gbpsとなる最新の光波長多重方式に対応し、最大容量 毎秒24テラビットの伝送が可能となる見込みだ。NECはシンガポールからスリランカまで、アルカテル・ルーセント・サブマリンネットワークスはスリランカからフランスまでのルートの敷設を担当する。

 NECは、過去30年以上にわたり海底ケーブルシステム事業を手掛けており、地球5周分(のべ20万km)を超える敷設実績がある。一方で、NECとしては、初めてシンガポールより西へ敷設するプロジェクトとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top