富士通とオラクル、新プロセッサを搭載した「SPARC Enterprise Mシリーズ」提供開始 | RBB TODAY

富士通とオラクル、新プロセッサを搭載した「SPARC Enterprise Mシリーズ」提供開始

 富士通と米オラクルは2日、新しい「SPARC64 VIIプラス」プロセッサを搭載し性能強化したUNIXサーバ「SPARC Enterprise Mシリーズ」の販売を開始した。

エンタープライズ ハードウェア
SPARC Enterprise M9000
  • SPARC Enterprise M9000
  • SPARC Enterprise M8000
  • SPARC Enterprise M5000
  • SPARC Enterprise M4000
  • SPARC Enterprise M3000
  • 仕様一覧
 富士通と米オラクルは2日、新しい「SPARC64 VIIプラス」プロセッサを搭載し性能強化したUNIXサーバ「SPARC Enterprise Mシリーズ」の販売を開始した。

 「SPARC Enterprise Mシリーズ」は、Oracle Solarisをサポートしており、富士通、オラクルそれぞれのアプリケーション、および、さまざまなアプリケーションが利用可能。新プロセッサ「SPARC64 VIIプラス」のクロック周波数は最大3.0GHz、L2キャッシュメモリは従来比2倍の最大12MBに向上、アプリケーションの処理性能は従来の「SPARC64 VII」より20%向上した。また、「SPARC Enterprise」とOracle Solarisは、ハードウェア、OS、アプリケーションを含めたシステムの性能を最大限発揮するため、両社共同で開発を行った。

 予兆監視、冗長化、活性交換、メモリミラー、ハードウェアパーティショニング、Solarisコンテナによる障害隔離の機能などの機能を提供するとともに、システム内のCPUとシステムボードのアップグレード機能を提供する。複数世代のプロセッサについて、クロック周波数を維持したまま同一筐体内に混在させることも可能。

 また「Oracle Enterprise Manager 11g OpsCenter」により、「SPARC Enterprise Mシリーズ」と富士通やオラクルのハードウェア、ソフトウェア全体のシンプルな運用管理が可能。ハードウェアパーティショニングならびにSolarisコンテナの作成、管理、設定、構成変更ができるため、サーバ統合に最適なプラットフォームともなっている。

 「SPARC Enterprise Mシリーズ」は、富士通とオラクルのSPARC/Solarisサーバとして、エントリーのM3000(1ソケット)から、ハイエンドのM9000(64ソケット)までフルラインナップで提供される。また、富士通、オラクルの両社のロゴを配した共通デザインの筐体を、両社で提供する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top