日本ビクター、薄型テレビとマッチするバー状のフロントサラウンドシステム……iPhone対応モデルも | RBB TODAY

日本ビクター、薄型テレビとマッチするバー状のフロントサラウンドシステム……iPhone対応モデルも

IT・デジタル その他

テレビに取り付けiPhone/iPodを装着した利用イメージ(テレビ/iPhone/iPodは別売)
  • テレビに取り付けiPhone/iPodを装着した利用イメージ(テレビ/iPhone/iPodは別売)
  • 付属のスピーカースタンド
  • 「TH-BC3」
  • 「TH-BC3」斜めのiPhone/iPod装着イメージ(iPhone/iPodは別売)
  • 「TH-BC2」
  • 「TH-BC2」斜めのiPhone/iPod装着イメージ(iPhone/iPodは別売)
  • 「TH-BC1」
  • 「TH-BC1」斜め
 日本ビクター(ビクター・JVC)は27日、テレビのフロントに取り付け一体型で利用できるホームシアターサウンドシステム「TH-BC3/2/1」の3機種発表。2月上旬から順次発売する。価格はオープン。

 3機種のラインナップと発売時期、予想実売価格は次のとおり。HDMI搭載でiPhone/iPod対応の「TH-BC3」は3月中旬からの発売で36,000円前後、HDMI非搭載でiPhone/iPod対応の「TH-BC2」は2月中旬からの発売で25,000円前後、HDMI非搭載でiPhone/iPod非対応の「TH-BC1」は2月上旬からの発売で23,000円前後。

 全機種とも、テレビスタンドをまたいで設置できる付属の専用スタンドを使い、テレビのフロントに取り付け一体化させて利用できるホームシアターサウンドシステム。使用するテレビに合わせて3段階に高さ調整が可能なほか、「テレビリモート・パススルー機能」の搭載でテレビのリモコン受光部をさえぎるような置き方にも配慮したという(テレビによってはリモコン信号を受信できない場合あり)。また、ラックの上や中、壁掛け(壁掛け用のネジは付属していない)などのレイアウトに対応した。

 スピーカー部には中低域用に8cm×4のコーン型ウーハー、高域用に2.5cm×2のバランスドーム型ツィーターを配置し、30W×2chの高品位デジタルアンプで駆動。加えて、最新サラウンド技術である「SRS StudioSound HD」を搭載し、フロント配置のスピーカーだけで、臨場感あふれる音場空間やクリアなセリフ、豊かな低音を楽しめるとうたう。

 TH-BC3とTH-BC2は、本体前面にiPhone/iPodを直接置いてつなぐことが可能。iPhone/iPodの映像を高音質とともにテレビで視聴でき、付属のリモコンで本体はもちろん、iPhone/iPodの主要な操作も行なえる。さらに、TH-BC3は、入力2系統、出力1系統のHDMI端子を装備。3Dテレビや3D対応のAV機器と接続することで、3D伝送が可能。ARC(オーディオリターンチャンネル)にも対応した。

 3機種の共通仕様として、入力端子はアナログ/光デジタル/同軸デジタル、出力端子はサブウーハー。TH-BC3とTH-BC2はさらに映像出力コンポジット、加えてTH-BC3はHDMI(入力×2/出力)。本体サイズは幅900×高さ98×奥行き107mm、スタンド/ベーススタンド含む幅900×高さ130×奥行き109mm。重さは、TH-BC3とTH-BC2が3.4kg、TH-BC1が3.3kg。

 対応のiPhoneはiPhone 4/3GS/3G、iPodは第6~2世代iPod nano(第2世代は音楽のみ)/第4~1世代iPod touch/iPod classic
《加藤》

関連ニュース

特集

page top