最大36000円割引き、AppleがiPhoneの下取りキャンペーンを開始 | RBB TODAY

最大36000円割引き、AppleがiPhoneの下取りキャンペーンを開始

IT・デジタル モバイル

左:iPhone 6s、右:iPhone 6s Plus
  • 左:iPhone 6s、右:iPhone 6s Plus
  • 「iPhone下取りキャンペーン」ページ
  • 主要機種の下取り額目安
  • 査定画面
 Appleは22日未明、4インチ画面のiPhone新モデル「iPhone SE」、9.7インチ画面の小型版「iPad Pro」を発表。これにあわせ、日本国内で、iPhone下取りキャンペーンを開始した。

 公式サイト内にキャンペーンページを開設し、iPhone、iPad、Mac、他社製スマートフォン、他社製パソコンの下取りを行っている。シリアル番号などで検索し、下取り額の査定が可能となっている。査定には、稼働状況や付属品の有無の入力が必要。条件を満たした場合、下取りが可能となる。

 下取り額は、「iPhone 4、4s」で最大3,500円、「iPhone 5、5c、5s」で最大14,600円、「iPhone 6」で最大31,000円、「iPhone 6 Plus」で最大36,000円。他社製スマートフォンは1,000円~24,200円に設定されている。他社のパソコンなどはかなり安く、完動品・付属品ありで1000円の査定となるようだ。下取り額は、Apple Storeギフトカードでの引渡しとなる。端末は送料無料で配送可能で、配送時に、アップルからデバイス発送用送付キットが支給される。

 下取りはApple Storeでも行うが、こちらはiPhoneのみ対応で、新しいiPhoneの購入価格から下取り額分がその場で割引される。

 個人的には、下取りが活発化し、iPhoneの中古品・再生品などが廉価に手に入るようになってほしい。「セカンドユースとしてのiPhone」市場の可能性も広がるだろう。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top