戦車をiPhone・iPadで操縦! 実売2,980円のラジコン戦車 | RBB TODAY

戦車をiPhone・iPadで操縦! 実売2,980円のラジコン戦車

IT・デジタル フォトレポート

「ラジ・コンバット USB 戦車RC」をiPhoneで操作するイメージ(iPhoneは別売)
  • 「ラジ・コンバット USB 戦車RC」をiPhoneで操作するイメージ(iPhoneは別売)
  • 「ラジ・コンバット USB 戦車RC ティーガーI」(型番:RCCOMBATTI)
  • 「ラジ・コンバット USB 戦車RC T-34」(型番:RCCOMBAT34)
  • 手のひらサイズのイメージ
  • 専用アプリをインストールしたiPhoneに赤外線送信機を装着したイメージ(iPhoneは別売)
  • 付属の電池充電パックから充電するイメージ(乾電池は別売)
 日本トラストテクノロジーは、iPhone・iPadをリモコンにした戦車のラジコン「ラジ・コンバット USB 戦車RC」を同社直販サイト限定で販売開始した。価格は2,980円。

 第二次大戦中のドイツ軍主力戦車「ティーガーI」モデルの「ラジ・コンバット USB 戦車RC ティーガーI」(型番:RCCOMBATTI)と、ソビエト連邦の主力戦車「T-34」モデルの「ラジ・コンバット USB 戦車RC T-34」(型番:RCCOMBAT34)をラインアップする。

 両製品は、付属の赤外線送信機を装着し、専用アプリをインストールすることで、iPhone/iPad/iPad mini/iPod touchをコントローラーとして利用できるラジコン。アプリで液晶画面に表示されたボタンをタッチするほか、ジャイロモードをONにすることでiPhoneなどの傾きによるラジコン操作も可能となっている。

 大砲を赤外線で発射する対戦モードに対応。ラジコン戦車とiPhone/iPad等を2組用意し、攻撃ボタンで一方の戦車から大砲を発射すると、もう一方の戦車にダメージを与えることが可能。発射した戦車はその反動で戦車が後ろに下がり、ダメージを受けた戦車はLEDランプを点滅させながら回転するなどコミカルなアクションが楽しめるという。

 キャタピラ部はゴム製で、登ることができる傾斜は最大30度。内蔵バッテリの連続駆動時間は約5分で、充電方法はパソコンと接続するUSBバスパワーのほか、乾電池4本の電池充電パックから給電。別売りのUSB ACアダプタを使いコンセントから充電することできる。

 対応機種はiPhone 5/4S/4/3GS、第4~1世代iPad/iPad mini、第5~3世代iPod touch。本体サイズは幅39×高さ39×奥行き56mm(大砲等の突起部除く)、重さは約30g。付属品は赤外線送信機/USB充電ケーブル/電池充電パックなど。

《加藤》

関連ニュース

特集

page top