【CES 2011】東芝、大画面65型の裸眼3DテレビやAndroidタブレットを参考展示 | RBB TODAY

【CES 2011】東芝、大画面65型の裸眼3DテレビやAndroidタブレットを参考展示

 東芝は5日、米国ラスベガスで6~9日(現地時間)に開催される「2011 International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」にて65V型/56V型の裸眼3D液晶テレビなどを参考出展すると発表した。

IT・デジタル テレビ
12GL1での3D映像視聴のイメージ
  • 12GL1での3D映像視聴のイメージ
  • 12GL1
  • 20GL1
  • 20GL1での3D映像視聴のイメージ
  • 「2011 International CES」(米国開催)での出展に関するリリースページ
 東芝は5日、米国ラスベガスで6~9日(現地時間)に開催される「2011 International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」にて65V型/56V型の裸眼3D液晶テレビなどを参考出展すると発表した。

 今回、参考出展するのは、専用メガネが不要で、裸眼での3D視聴を可能とする液晶テレビ。65V型と56V型の大画面プロトタイプとなる。

 また、2010年12月から発売された裸眼3Dテレビ「グラスレス3Dレグザ(REGZA)GL1シリーズ」の12V型「12GL1」と20V型「20GL1」もあわせて展示する予定。

 2011 International CESで同社はこのほかに、専用メガネ不要で3D視聴が可能なグラスレス3DノートPCと、スレート型タブレットPCを参考展示。スレート型タブレットPCについては、Android OSを搭載した最新モデルおよびWindows OSを搭載したモデルを参考展示する。

 加えて、テレビをインターネットに接続することで楽しめる「ヤフー・ウィジェット(Yahoo! Widgets)」や「ユーチューブ・リーンバック(You Tube Leanback)」、テレビとPCを連動させたスカイプ(Skype)のデモを実施するという。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top