ビクター・JVC、2D映像の3Dリアルタイム変換技術が東映映画『仮面ライダーW』等に採用 | RBB TODAY

ビクター・JVC、2D映像の3Dリアルタイム変換技術が東映映画『仮面ライダーW』等に採用

 日本ビクター(ビクター・JVC)は26日、今夏の東映3D映画『仮面ライダーW FOREVER A to Z 運命のガイアメモリ』などの一部3D映像の制作において、業務用3Dイメージプロセッサ「IF‐2D3D1」が採用されたことを発表した。

エンタープライズ ハードウェア
『仮面ライダーW FOREVER Ato Z運命のガイアメモリ』の一場面
  • 『仮面ライダーW FOREVER Ato Z運命のガイアメモリ』の一場面
  • 3Dイメージプロセッサ「IF‐2D3D1」
 日本ビクター(ビクター・JVC)は26日、今夏の東映3D映画『仮面ライダーW FOREVER A to Z 運命のガイアメモリ』などの一部3D映像の制作において、業務用3Dイメージプロセッサ「IF‐2D3D1」が採用されたことを発表した。

 「IF‐2D3D1」は、通常の既存2D映像を3D立体映像にリアルタイムで変換できる“2D‐3Dコンバーター”機能、3D映像の撮影や編集作業をサポートする機能を搭載した製品。同社グループ会社のビデオテックでは、同機と、独自の3D映像制作技術を駆使した3D映像制作受託ビジネスを行っている。東映テレビ・プロダクション 業務部次長の八木明広氏は「今回、日本ビクター製3Dイメージプロセッサ『IF‐2D3D1』の採用・運用に際し、特に注目した点は、(1)HD‐SDI 1080/24P信号を処理できる点、(2)リアルタイムで変換状況を視認できる点、(3)視差量(Parallax)・奥行き感(Intensity/Sub Intensity)領域特性の自然さ、の3つです。加えて、操作環境の良さ(イージーオペレーション)を併せ持っており、より革新的な3D映像の創造環境と、作業時間の大幅な削減、運用コストの大幅な縮減をもたらしてくれました」とのコメントを寄せている。

 3D技術が採用されたのは、今夏の東映映画『仮面ライダーW FOREVER A to Z 運命のガイアメモリ』および『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』で8月7日より全国ロードショー公開(3D&2D同時公開)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top