KDDI、auひかり向けセットトップボックス「HD-STB」提供開始 ~ ハードディスク内蔵、HD画質に対応など | RBB TODAY

KDDI、auひかり向けセットトップボックス「HD-STB」提供開始 ~ ハードディスク内蔵、HD画質に対応など

エンタープライズ ハードウェア

HD-STB
  • HD-STB
 KDDIは26日、光ファイバーサービス「auひかり」において、500GBのハードディスクを内蔵したセットトップボックス(STB)「HD-STB」を発表した。6月2日より、月額1,365円(税込)にてレンタル提供を開始する。

 「HD-STB」を「auひかり」に接続することで、NHKオンデマンドをはじめとした、「auひかり ビデオ・チャンネルサービス」のビデオオンデマンド(VOD)サービスや多チャンネルサービスが視聴できる。またデジタル対応のアンテナと接続することで、地上デジタル放送、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送を視聴できる。

 またこれらの番組は、STBに内蔵する500GBのHDDに、最長500時間分が録画可能。地上デジタル放送、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送、「auひかり ビデオ・チャンネルサービス」の多チャンネルを組み合わせて、同時に2つの異なる番組を録画することも可能となっている。ビデオコンテンツ配信サイト「LISMO Video Store」で配信する、映画やドラマ等の作品は、au携帯電話に転送することも可能。

 KDDIでは「HD-STB」の提供開始に合わせて、従来から提供している51のSD(標準画質)チャンネルに加え、新たに、HD(高画質)チャンネルの提供を開始する。従来から提供している約7000のSD(標準画質)対応作品に加え、新たに約3000のHD(高画質)対応のVOD作品の提供も開始する。

 録画方法としてはGガイドの対応番組表から選択する他、「フリーワード自動予約」機能を使った、検索キーワード入力による録画予約で、多チャンネルサービス、地上デジタル放送、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送を横断的に検索し、キーワードに関連する番組が録画可能とのこと。「タイムシフト再生」および「追いかけ再生」にも対応する。

 なおKDDIでは「HD-STB」の提供開始にあわせて、「HD-STB」レンタル料最大3か月無料キャンペーン、「ビデオ月額パック」最大2か月無料キャンペーン、「スター・チャンネル マルチプレックス」2か月無料キャンペーン、「ベーシックチャンネルパック」初月無料キャンペーン、「NHKオンデマンド見逃し見放題パック」初月無料キャンペーンなどを実施する。期間は8月31日まで。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top