「マンガ大賞」候補作発表〜いま一番おもしろいマンガはどれ? | RBB TODAY

「マンガ大賞」候補作発表〜いま一番おもしろいマンガはどれ?

エンタメ その他

マンガ大賞2010
  • マンガ大賞2010
 書店員を中心に各界のマンガ好きが“いま一番おもしろいマンガ”を選ぶ「マンガ大賞」。3月に受賞作が決まる今年の「マンガ大賞2010」のノミネート10作品が同賞公式サイトで発表された。
 
 2008年に始まり、今回で3回目となる「マンガ大賞」は、書店のマンガ担当者ら有志により“その年一番のマンガ”を選出するもの。“2009年1月1日から12月31日までに単行本が発売され、最大巻数が8巻までの作品”(過去の大賞作は除く)が対象となっている。なお、2008年の大賞受賞作は石塚真一「岳」、2009年は末次由紀「ちはやふる」。公式サイトでは大賞発表までの間、惜しくもノミネートされなかった選考作品や選考コメントなどが順次公開される。
 
 「マンガ大賞2010」ノミネートは以下の10作品。
 
・花沢健吾「アイアムアヒーロー」
・島本和彦「アオイホノオ」
・小山宙哉「宇宙兄弟」
・西炯子「娚の一生」
・東村アキコ「海月姫」
・三島衛里子「高校球児 ザワさん」
・ヤマザキマリ「テルマエ・ロマエ」
・大場つぐみ・小畑健「バクマン。」
・市川春子「虫と歌 市川春子短編集」
・久保ミツロウ「モテキ」
《大木信景》

関連ニュース

特集

page top