村上春樹「1Q84」強し、伊坂幸太郎も人気「2009年読んだ本ランキング」 | RBB TODAY

村上春樹「1Q84」強し、伊坂幸太郎も人気「2009年読んだ本ランキング」

エンタメ その他

書籍の“読まれた”ランキングベスト20
  • 書籍の“読まれた”ランキングベスト20
  • 書籍の“読まれた”ランキングベスト20
  • コミックの“読まれた”ランキング
  • コミックの“読まれた”ランキング
 読書量管理サービス「読書メーター」が「2009年読んだ本ランキング」を発表。ベストセラー村上春樹「1Q84」が1位となったほか、伊坂幸太郎作品が上位に並んでいる。

 「2009年読んだ本ランキング」で1位となったのは、村上春樹「1Q84 BOOK 1」。品切れ店続出がニュースになるなど社会現象となった。2位は森見 登美彦「夜は短し歩けよ乙女」、3位に村上春樹「1Q84 BOOK 2」が入り、以下4位湊かなえ「告白」、5位伊坂幸太郎「重力ピエロ」、6位伊坂幸太郎「終末のフール」と続く。村上春樹のトップは予想通りとして、伊坂幸太郎が5位、6位のほか、11位「グラスホッパー」、12位「死神の精度」、13位「オーデュボンの祈り」、15位「ラッシュライフ」、16位「アヒルと鴨のコインロッカー」、18位「ゴールデンスランバー」、19位「陽気なギャングが地球を回す」とベスト20のなかに9冊も入っているのが目立つ。村上春樹の陰に隠れがちだが、実は2009年は伊坂幸太郎の年だったのではと思える。

 同時に発表された「コミックランキング」では中村光「聖☆おにいさん 3」が1位となった。

 「読書メーター」は、読んだ本のページ数や冊数をグラフにして読書量を記録・管理するウェブサービス。登録者数が約45,000人おり、「売れた本」ではなく「読んだ本」がランキングの基準となっている。
《関口賢》

編集部のおすすめ記事

特集

page top