【スピード速報(161)】GIGA SPEEDの光ファイバダウンレートが140Mbpsに迫る | RBB TODAY

【スピード速報(161)】GIGA SPEEDの光ファイバダウンレートが140Mbpsに迫る

ブロードバンド その他

縦軸は速度で単位は「Mbps」。横軸は年月(2009年のみ)。ダウンレート、アップレートともに右肩上がりであり、特に3月から8月は伸びが続いている
  • 縦軸は速度で単位は「Mbps」。横軸は年月(2009年のみ)。ダウンレート、アップレートともに右肩上がりであり、特に3月から8月は伸びが続いている
【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は数十万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。

 今回は第159回「高速化が進む光ファイバ——15人に1人が100Mbpsオーバーに」のフォローとして、光ファイバダウンロード平均速度(ダウンレート)/アップロード平均速度(アップレート)の推移をお伝えする。100Mbps以上の計測が可能な「GIGA SPEED」の2009年1月1日〜9月30日の測定データから回線種別が光ファイバであるものを抽出して、月ごとのダウンレート/アップレートを求めてグラフ化した。

 グラフを見ての通り、ダウンレート、アップレートともに右肩上がりであり、特に3月から8月は伸びが続いている。9月は一転して4月なみのダウンレート、2月なみのアップレートに戻ったが、全体としては増速傾向にあると言えるだろう。

 月間ダウンレートの最高値は8月の139.5Mbps、月間アップレートの最高値も8月で106.5Mbpsであり、ダウンレートが150Mbpsを超えるのも遠い未来ではないと期待できる。今後の動向に注目しよう。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top