【スピード速報(159)】高速化が進む光ファイバ——15人に1人が100Mbpsオーバーに | RBB TODAY

【スピード速報(159)】高速化が進む光ファイバ——15人に1人が100Mbpsオーバーに

ブロードバンド その他

縦軸は年月、横軸はダウンロード速度帯ごとの占有率(シェア)。速度の単位は「Mbps」。100Mbps以上が4%から6%に伸び、一時的ではあるが5月には8%に達している
  • 縦軸は年月、横軸はダウンロード速度帯ごとの占有率(シェア)。速度の単位は「Mbps」。100Mbps以上が4%から6%に伸び、一時的ではあるが5月には8%に達している
【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は数十万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。

 今回は今年1月から8月までの光ファイバでの測定データにおける速度帯ごとのシェア(占有率)の変化をお伝えする。2009年1月1日〜8月31日の測定データと、ベータ版として提供している100Mbps以上の計測が可能な「GIGA SPEED」の測定データから光ファイバでの測定データを抜き出して合算し、毎月の測定件数のダウンロード速度帯シェアを算出した。なお、このシェアはあくまでも測定データの件数におけるものであり、実際の速度帯シェアと一致するとは限らない。

 見ての通り、月ごとの揺れはあるものの、100Mbps以上が4%から6%に伸び、一時的ではあるが5月には8%にも達している。これに対して、その他の速度帯のシェアはほとんど変化がなく、第157回「ADSL低速域の利用者割合は変わらないが、高速域の割合がゆっくりと増加中」で紹介したADSLの場合とは様相が異なっている。

 今回は「GIGA SPEED」がベータ版として提供され、毎月の測定データが落ち着いた今年1月分からの集計であるため、集計期間が短く、傾向を見出せるレベルには達していない。しかし、100Mbps以上が6%ということは、乱暴に言えば「光ファイバ利用者の15人に1人が100Mbpsオーバー」ということになる。もちろん、これが実際の速度帯シェアと一致するとは断言できないが、ネットワークを積極的に活用しているユーザの5から8%が100Mbpsを超えるダウンロード速度を活用していることは想像に難くない。来年の今頃にはなんらかの傾向が現れてくるのではなかろうか。
《平野正喜》

関連ニュース

特集

page top