富士通、PCサーバ「PRIMERGY」にWindows Server 2008 R2をバンドル | RBB TODAY

富士通、PCサーバ「PRIMERGY」にWindows Server 2008 R2をバンドル

エンタープライズ モバイルBIZ

希望小売価格および提供開始時期
  • 希望小売価格および提供開始時期
  • 2WAYラック型サーバ「PRIMERGY RX300 S5」
  • 2WAYブレードサーバ「PRIMERGY BX620 S5」
 富士通は14日、PCサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」において、マイクロソフトの新サーバOS「Windows Server 2008 R2」をバンドルしたモデルの販売を開始した。11月16日より提供を開始する。

 今回対象となるのは、2WAYラック型サーバ「PRIMERGY(プライマジー)RX300 S5」および2WAYブレードサーバ「PRIMERGY BX620 S5」の2機種7タイプ。今回、「Windows Server 2008 R2」の新機能「コアパーキング」によって強化されたプロセッサの省電力性や、「PRIMERGY」において設計・開発されたサーバ監視ソフトウェア「ServerView Suite」のPower Management機能によって、さらなる省エネ化とオペレーティングコスト削減が実現するという。PCサーバの他機種についても、今後「Windows Server 2008 R2」をバンドルした製品が順次提供される予定。価格は「PRIMERGY BX620 S5 サーバブレード」(Windows Server 2008 R2 Standard バンドルタイプ、HDD:147GB×1)が31万2,000円〜など。

 マイクロソフトと富士通は昨年、「富士通Hyper-V仮想化センター」を共同で設立、仮想化システムの設計・構築を支援している。また富士通は2009年9月より、PRIMERGY紹介サイトにおいて、「Windows Server 2008 R2 Enterprise」「Windows Server 2008 R2 Datacenter」「Windows Web Server 2008 R2」の動作確認情報および、BIOS、ドライバを順次公開中だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top