NEC、新宿区の大規模プライベートクラウド基盤を構築……コストを24%削減 | RBB TODAY

NEC、新宿区の大規模プライベートクラウド基盤を構築……コストを24%削減

 日本電気(NEC)は9日、東京都新宿区の全庁のプライベートクラウド基盤を構築したことを公表した。システムはMicrosoft Windows Server2008 R2 Hyper-Vを活用しており、9月から稼働しているとのこと。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
新宿区「各課個別業務システム」プライベートクラウド基盤
  • 新宿区「各課個別業務システム」プライベートクラウド基盤
 日本電気(NEC)は9日、東京都新宿区の全庁のプライベートクラウド基盤を構築したことを公表した。システムはMicrosoft Windows Server2008 R2 Hyper-Vを活用しており、9月から稼働しているとのこと。

 新宿区は、2008年に情報化戦略計画を定め、「次世代の行政サービス創造に向けた電子自治体」の実現に向け、ITシステム共通基盤の整備、標準化を進めていたが、保健・福祉・土木などの「各課個別業務システム」は、各課に委ねられており、運用やコスト、セキュリティなどの面で課題があった。

 新宿区とNECは共同で、まず第一ステップとして2010年に全職員が共通で使用する文書管理システムや職員ポータルなどの「内部情報系システム」のサーバ約150台を43台に集約。今回、第二ステップとして「各課個別業務システム」を集約するためのプライベートクラウド基盤を構築した。2015年までに「各課個別業務システム」をプライベートクラウド基盤上に順次移行する計画で、約250台のサーバを24台に集約する予定だ。これにより、年間ITコストは約24%削減される見込み。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top