携帯契約数、ソフトバンクが純増数1位をキープ【TCAまとめ】 | RBB TODAY

携帯契約数、ソフトバンクが純増数1位をキープ【TCAまとめ】

ブロードバンド その他

 電気通信事業者協会(TCA)は7日に、2009年9月末現在における携帯電話・PHSの事業者別契約数を発表した。

 それによれば携帯電話の合計契約数は1億963万3,800件(対前月比増0.3%)。事業者別では、NTTドコモが純1増66,000で累計55,186,500件。auグループが純増102,300で累計31,232,700件。ソフトバンクが108,000件で累計21,316,900件。イー・モバイルが純増88,200件で累計1,897,700件。

 PHSはウィルコムが純減42,300で累計4,434,900件となった。また今月よりBWA(Broadband Wireless Access)に関する契約数も発表された。それによるとBWA契約数は、UQコミュニケーションズ1社で21,700となっている。

 携帯電話各社は、いずれも前月に比べて純増数を伸ばしたが、先々月に首位を取り戻したドコモが大きく不調に。4社中最下位となってしまった。最終的にauも及ばず、ふたたびソフトバンクがトップをキープした。やはりiPhone 3GSの好調が大きく作用したようだ。またCMを大量投入している「ホワイト家族24」を契機に、MNP乗り換えもかなりの数にのぼったものと見られる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top