ドコモ、NEC、富士通など6社、IMS通信方式におけるネットワーク付加価値サービスの実証実験に成功 | RBB TODAY

ドコモ、NEC、富士通など6社、IMS通信方式におけるネットワーク付加価値サービスの実証実験に成功

エンタープライズ その他

付加価値サービスの例
  • 付加価値サービスの例
 NTTドコモ、アルカテル・ルーセント、エリクソン、富士通、日本電気、ノキア シーメンス ネットワークス(NSN)の6社は7日、IMS通信方式のネットワークで付加価値サービスを実現する共通の技術仕様を作成し、実証実験に成功したことを発表した。

 IMS(IP Multimedia Subsystem)通信方式とはIP技術を用いてインスタントメッセージやコンテンツシエアリング、プレゼンスなどのサービスを提供する方式。今回作成された仕様は、IMS通信方式のネットワーク内に、画像処理などのデータ処理装置を設置することにより、さらなるサービスを拡張できる技術とのこと。例えば、送信者が送った写真を、ネットワーク上で多様な画像変換を加えて相手と共有して楽しんだり、日本語のテキストメッセージをネットワーク上で英語に変換して相手に届けるなど、新しいサービスが容易に実現可能となる。

 6社は共同で、8月に本技術仕様に基づいたネットワークシステムを構築し、実証実験を行い、正常に動作することを確認した。今後は、GSM(Global System for Mobile Communications)アソシエーションのRCS(Rich Communication Suite)グループにおいて、新たな技術仕様の1つとして策定されるよう、活動を進めていくとのこと。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top