NTTデータ ビズインテグラル、SaaS/クラウド対応型業務アプリ「Biz∫」を発表 〜 日本初のSOA+BPMベース | RBB TODAY

NTTデータ ビズインテグラル、SaaS/クラウド対応型業務アプリ「Biz∫」を発表 〜 日本初のSOA+BPMベース

 NTTデータ ビズインテグラルは1日、SOA+BPMを基盤とし、SaaS/クラウドコンピューティングにも対応した次世代ビジネスプラットフォーム「Biz∫」上で開発された製品群を発表した。

エンタープライズ その他
SOA・BPM基盤をベースにしたアプリケーションスイート
  • SOA・BPM基盤をベースにしたアプリケーションスイート
  • BPMによる自動化で「待ち」を削減し、リードタイムを短縮
 NTTデータ ビズインテグラルは1日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)+BPM(ビジネスプロセスマネージメント)を基盤とし、SaaS/クラウドコンピューティングにも対応した次世代ビジネスプラットフォーム「Biz∫(ビズインテグラル)」上で開発された製品群を発表した。

 「Biz∫販売」、人事アプリケーションである「Biz∫ePro_St@ff」 、ビジネスインテリジェンス製品である「Biz∫BI」(ビジネスインテリジェンス)、Biz∫基盤製品である「Biz∫intra-mart」の4製品で、10月1日より販売を開始する。Biz∫は、サービス化されたアプリケーションをBiz∫基盤である「Biz∫intra-mart」のBPM上で動作させるなど、従来の業務パッケージにはない日本初の仕組みを標準搭載したWeb型の製品となる。

 Biz∫シリーズの第一弾となる受発注・購買・販売・在庫などの機能を持つ「Biz∫販売」は、この仕組みを利用し、業務処理を可視化、連携することで、作業と作業の間の「連絡時間」「待ち時間」といった無駄な時間を短縮し、業務のリードタイムを大きく改善するものとなる。利便性の面では、ユーザーのポータル画面に作業一覧を表示し、簡単に自分の作業を把握可能。管理者画面には業務の進捗状況がリアルタイムに表示され、ボトルネックの発見と改善を素早く行うことができる。また、Biz∫基盤である「Biz∫intra-mart」はSaaS/クラウドに標準で対応しているため、社内SaaS、グループ企業内SaaSへの対応が簡単に実現できる見込みだ。

 「Biz∫ePro_St@ff」(人事アプリケーション)および「Biz∫BI」は、Biz∫基盤とマスターの共有化やシングルサインオンなどの連携を図っており、製品ごとのサインオンは不要。さらに「Biz∫BI」はBiz∫のポータル上での統合が可能であり、より製品としての親和性を高めている。なお「Biz∫ePro_St@ff」はアイテックス、「Biz∫BI」はウイングアーク テクノロジーズ、「Biz∫intra-mart」はNTTデータ イントラマートからのOEM製品となる。今後NTTデータ ビズインテグラルでは、製造業・流通業を中心に、3年間で200社の導入を目指すとしている。
 
 販売価格は、いずれも消費税別で、Biz∫販売:500万円〜(必要とするサービス群と利用ユーザー数の組み合わせによる)、Biz∫ePro_St@ff:200万円〜(登録ユーザー数による)、Biz∫BI:360万円〜(同時ユーザーログイン数による)、Biz∫intra-mart:100万円〜(CPU数による)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top