富士通、物流業務向け新ソリューション「Logifit」シリーズ発表 | RBB TODAY

富士通、物流業務向け新ソリューション「Logifit」シリーズ発表

 富士通は23日、物流業務全般を支援するロジスティクスソリューションとして、新たに「Logifit(ロジフィット)」シリーズを発表した。第一弾として、物流現場データを活用しマネジメントを行える物流KPIパッケージ「Logifit/LM-物流KPI」を発売する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「Logifit」シリーズの全体構想
  • 「Logifit」シリーズの全体構想
  • 「Logifit/LM-物流KPI」のイメージ図
  • 売上高作業コスト比率に関するコスト指標、品質指標の分析イメージ図
  • 販売価格、および提供時期一覧
  • ダッシュボード画面
  • BI画面
 富士通は23日、物流業務全般を支援するロジスティクスソリューションとして、新たに「Logifit(ロジフィット)」シリーズを発表した。第一弾として、物流現場データを活用しマネジメントを行える物流KPIパッケージ「Logifit/LM-物流KPI」を発売する。

 「Logifit /LM-物流KPI」は、入出荷作業実績・配送時間実績など、物流現場で発生した実績情報と、売上などの基幹システムからの情報を活用し、売上高対作業コスト比率や売上高対輸送コスト比率のような、物流に特化したKPI項目で評価・分析を行えるソリューションとなっている。

 経営層から物流現場まで、利用者ごとに見たいKPI項目を簡単な操作で設定でき、各KPI項目に対する評価を記号表示でわかりやすく示す。さらに独自の観点から、各KPI項目を分析することで、異常値の原因を追究し、改善すべきポイントを明確化可能。Logifit/LM-物流KPIの提供価格は900万円、5クライアントライセンスが9万円となる。

 今後は「物流センター管理システム」「輸配送管理システム」などを提供する予定で、物流業務に関わるすべてのシステムを統合し、データを一元管理可能とすることを目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top