OKI、他ミドルウェアからJBossへの移行を支援する「JBossマイグレーション・サービス」を販売開始 | RBB TODAY

OKI、他ミドルウェアからJBossへの移行を支援する「JBossマイグレーション・サービス」を販売開始

エンタープライズ その他

 OKIは24日、他のミドルウェアからオープンソースのミドルウェア製品群「JBoss Enterprise Middleware」(JBoss)へのアプリケーション移行作業を支援する「JBossマイグレーション・サービス」を発表した。7月1日より販売を開始する。

 OKIは5月21日より、レッドハットとの協業を強化し、JBossの最上位ビジネスパートナとなる「JBoss Premier Business Partner」契約を日本で初めて締結している。これにより、JBossに関して直接サポートが可能となっており、これまでの商用ミドルウェアによるシステム構築・サポートで蓄積したノウハウをあわせて、技術的な課題解決の支援を行うサービスとして「JBossマイグレーション・サービス」を提供するという。さらに今後もインストレーション・サービスやパラメータ設計支援サービスなど、各種プロフェッショナル・サービスを拡充していく予定。特に、サービスの効率化のために、従来の商用ミドルウェアを対象としたパラメータ確認や障害情報収集などの各種支援ツールを、JBossにも順次適用していく予定。

 また24日より、JBossによる事業を検討しているSI事業者に向け、OKI独自のワンストップのパートナ支援策として「OKI JBossパートナ・プログラム」を開始する。プレセールス、開発、構築、運用にいたるまで、ワンストップでJBossミドルウェアビジネスを支援する。具体的には、プレセールス支援/営業提案支援用として、見積・仕様確認・評価支援などに対応する無償の相談窓口を設置。また、JBossサブスクリプションについては、OKIのミッションクリティカル市場での経験をベースとしたサポートサービスとして提供する。各開発フェーズに適応した、「JBossマイグレーション・サービス」をはじめとする各種プロフェッショナル・サービスについても、本プログラムを通してパートナに提供する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top