NEC、OSSミドルウェアのサポートを強化……運用監視ソフト「Zabbix」サポートも提供開始 | RBB TODAY

NEC、OSSミドルウェアのサポートを強化……運用監視ソフト「Zabbix」サポートも提供開始

 NECは27日、オープンソースソフトウェア(OSS)のミドルウェアへのサポートサービスを強化することを発表した。2月1日から提供を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
OSSミドルウェアサポートサービスの概要
  • OSSミドルウェアサポートサービスの概要
  • Zabbix画面イメージ(稼働状況)
 NECは27日、オープンソースソフトウェア(OSS)のミドルウェアへのサポートサービスを強化することを発表した。2月1日から提供を開始する。

 具体的には、OSSミドルウェアのサービスを体系化した「OSSミドルウェアサポートサービス」を強化するとともに、ミラクル・リナックスとメンテナンスパートナー契約を締結し、運用監視ソフトウェア「Zabbix」(ザビックス)のサポートサービスを提供する。

 従来の「OSSミドルウェアサポートサービス」に、マシン導入前にシステム設計のコンサルティングを行う「OSSプロフェッショナルサービス」を新設。また、マシン導入前の「OSS構築サービス」およびマシン導入後の運用支援を行う「OSS保守サポートサービス」において、「Zabbix」「Heartbeat」「Hadoop」などのOSSに新たに対応する。従来のサーバ単位での価格設定に加え、同じ業務用途や設定のサーバ群単位に課金する価格設定も新設する。問い合わせについても、従来の定額制に加え、問い合わせ回数に応じて課金する価格設定も新設する。

 同時に、あらかじめ検証したOSSの設定でシステム構築を行う「レディメイドSIサービス」を提供。第一弾として、「Zabbix」や「Hinemos」などのOSSを使用した運用・監視のシステム構築を行う「システム監視基盤構築サービス」の提供を開始する。価格は120万円(~15台)。なおZabbixサポートサービス(50ノード)の価格は45万円(~50台)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top