アットマークテクノの「Armadillo」に図研がONVIFネットワークカメラを対応させる | RBB TODAY

アットマークテクノの「Armadillo」に図研がONVIFネットワークカメラを対応させる

アットマークテクノと図研エルミックは、ARM搭載組み込みプラットフォーム「Armadillo(アルマジロ)」に、図研のONVIFインターフェース「Ze-PRO IPcam」と、RFC規格RTPに準拠したミドルウェア「Ze-PRO RTP」を対応させたことを発表した。

エンタープライズ セキュリティ
Linuxベースの組み込みプラットフォームでONVIF対応機器の使用が容易となる。(画像は同社webサイトよりArmadillo-840)。
  • Linuxベースの組み込みプラットフォームでONVIF対応機器の使用が容易となる。(画像は同社webサイトよりArmadillo-840)。
 アットマークテクノと図研エルミックは、ARM搭載組み込みプラットフォーム(各種組み込み機器で汎用的に使える製品)「Armadillo(アルマジロ)」に、図研エルミックのONVIFネットワークカメラ製品向けインターフェース準拠ミドルウェア「Ze-PRO IPcam」と、音声や動画像をリアルタイム送受信するRFC規格RTPに準拠したミドルウェア「Ze-PRO RTP」が対応したことを発表した。

 「ONVIF(Open Network Video Interface Forum)」とは、ネットワークカメラ製品のインターフェース規格標準化フォーラムのこと。対応する機器は多く、この規格を満たしていればメーカーを問わず接続することができる。

 Armadillo専用ミドルウェアはアットマークテクノより2014年12月から提供され、これによりONVIFカメラ組み込みなどで初期工数をかけずに利用することが可能になる。このプラットフォームを利用したネットワークカメラの新製品が登場すると思われる。なお、Armadillo-810/840の開発セットのユーザーは、評価版を無償ダウンロードすることが可能だ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top