日本HP、AMDプロセッサ搭載ブレードサーバの最上位モデルを発表 〜 x86で最大の256GBのメモリ搭載が可能 | RBB TODAY

日本HP、AMDプロセッサ搭載ブレードサーバの最上位モデルを発表 〜 x86で最大の256GBのメモリ搭載が可能

ブロードバンド その他

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は21日、大規模仮想化インフラ向けソリューションとして、拡張性を大幅に強化したAMD Opteronプロセッサ8300番台を搭載したブレードサーバ最上位モデル「HP ProLiant BL685c Generation 6」を発表した。

 あわせて大容量ストレージに対応できる拡張ストレージソリューションとして、5Uサイズに70個のディスクドライブを搭載可能な「HP StorageWorks Modular Disk System 600」(MDS600)と、バックアップ用MSLテープライブラリの容量拡張キット「HP StorageWorks MSLライブラリ エクスパンションキット」を発表した。

 「HP ProLiant BL685c G6」は、AMD Opteronプロセッサ対応ブレードサーバの最上位モデル。1.25Uの筐体に、最新のAMD Opteronプロセッサ8300番台を最大4基、32個のDDR2 DIMMスロットに最大256GBメモリ、ホットプラグ対応のSAS/SATAドライブを2ベイ搭載可能なハイパフォーマンス・大容量メモリを備えた高密度設計のサーバとなる。特に、256GBのメモリ容量は、x86ブレードサーバシリーズでは最大とのことで、1コアあたり16GBの大容量メモリを実装可能。さらに4つのオンボード10GbEポートは、Flex-10テクノロジー対応のHPバーチャルコネクトと組み合わせることで、16ポートとして分割使用できる。これらの特長により、接続の多いアプリケーションサーバ用途や、大容量メモリによる大規模な仮想化インフラ、さらには少ないコアでハイパフォーマンスが必要なデータベースサーバなどの用途に活用できるとしている。「HP ProLiant BL685c Generation 6」の価格は1,558,200円(税込)で、出荷時期は7月上旬。

 「MDS600」は、わずか5Uサイズに最大70個の3.5インチ ホットプラグSASまたはSATAドライブを搭載できるHP BladeSystem専用の拡張ディスクシステムだ。「3Gb SAS BLスイッチ」(オプション)を介してブレードエンクロージャーに接続し、各サーバブレードのRAIDコントローラー「SmartアレイP700m」(オプション)によって任意の数のローカルディスクを割り当てることができる。各ブレードサーバには、最大100ドライブまで割り当てることが可能。また、オプションの「MDS600デュアルI/Oモジュール オプションキット」を使用することで、デュアルポートSASへの対応も可能となり、「MDS600」の経路冗長化構成を実現する。これにより、大規模システムにおいて、内蔵ストレージ容量の多いラックサーバをブレードシステムへ置き換えたいユーザーや、限られたラックスペースに大容量ストレージを搭載する必要のあるユーザーのニーズに対応する。さらに、HP BladeSystemのユーザーに向けて、メディアサーバやメディカルアーカイブ、HPCなど、あらたなDASストレージの活用法を提案する。「HP StorageWorks Modular Disk System 600」の価格は1,386,000円〜(税込)、「MDS600デュアルI/Oモジュールオプションキット」の価格は252,000円(税込)で、いずれも21日出荷開始。

 「HP StorageWorks MSLライブラリ エクスパンションキット」は、MSLテープライブラリを2台接続し、シームレスにテープバックアップ装置のライブラリを拡張できるキット。接続された2台のライブラリは上段のライブラリがマスターライブラリとなり、1台として全体のコントロールを行う。ユーザーの要望に合わせて、MSLテープライブラリ接続の組み合わせを選択できる。たとえば、既存の「MSL4048」を使用したまま、本キットによって「MSL8096」を追加接続することで、48スロットのバックアップ運用を最大144スロットに拡張できる。「HP ProLiant BL685c G6」や「MDS600」の導入によるストレージ容量の増大にともない、バックアップ容量のさらなる拡張が必要になった場合でも、現在のバックアップ運用をそのままに、あらたな製品の使用方法を習得することなく、容量拡張が可能となる。また、新規でバックアップ運用を検討しているユーザーについては、将来データ増が発生した時点で必要な容量だけ拡張できるため、限られた予算のビジネス環境での容量拡張をサポートする。「HP StorageWorks MSLライブラリエクスパンションキット」の価格は315,000円(税込)で、21日出荷開始。

 なお同日、日本HPは最新インテルXeonプロセッサー5500番台を搭載したエントリーラックマウントサーバ「HP ProLiant DL320 G6」と、拡張性を強化したエントリーブレードサーバ「HP ProLiant BL280c G6」の2機種を、ラインアップに追加している。エントリーラックマウントサーバ「HP ProLiant DL320 G6」は、最新インテルXeonプロセッサー5500番台を1基搭載し、前世代の9倍となる72GBの最大メモリ容量を実現した他、1Uサイズながら標準で3.5インチSAS/SATAドライブベイを4つ装備している。エントリーブレードサーバ「HP ProLiant BL280c G6」は、1台当たりわずか0.6Uサイズに最新インテルXeonプロセッサー5500番台を最大2基、12個のDDR3DIMMスロットによる最大96GBメモリを搭載できる。また、ノンホットプラグのSSD/SATAドライブを2ベイ、オンボードで1GbEのネットワークインターフェイスを2ポート、PCI Express Gen2対応の拡張スロット (メザニンスロット) を2スロット備えている。「HP ProLiant DL320 Generation 6」の価格は166,950円(税込)で出荷時期は7月上旬、「HP ProLiant BL280c Generation 6」の価格は181,650円(税込)で出荷時期は6月下旬。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top