日本HP、スケールアウト型サーバ新モデル3機種発表……Hadoopへの親和性を重視 | RBB TODAY

日本HP、スケールアウト型サーバ新モデル3機種発表……Hadoopへの親和性を重視

エンタープライズ ハードウェア

HP ProLiant SL335s G7サーバ
  • HP ProLiant SL335s G7サーバ
  • HP ProLiant SL160s G6サーバ
  • HP ProLiant SL165s G7サーバ
 日本ヒューレット・パッカードは4日、非構造型データ格納および解析処理に最適化したスケールアウト型サーバシステム「HP ProLiant SL6500シリーズ」の新モデル3機種を発表した。

 新モデルは、1Uハーフワイドサイズの「HP ProLiant SL335s G7サーバ」、1Uフルワイドサイズの「HP ProLiant SL160s G6サーバ」および「HP ProLiant SL165s G7サーバ」の3機種。いずれも大規模分散データ処理ツールとして普及しつつあるオープンソースソフトウェアHadoopとの親和性を重視し、ディスク搭載密度を強化した省電力/高密度サーバとなっている。

 今回の新モデルは、HPがグローバルにビジネスを展開する、大手サービスプロバイダ向けに開発したHadoop用サーバをベースにしており、Hadoopの本格活用に最適化されているという。あわせて、オープンソースソフトウェア向けサポート・サービス「HP Open Service Standard」のサービスメニューとして、Hadoopコンサルティングサービスを拡充することで、より容易な導入を支援する。Hadoopの適用検討、システム設計から、導入、運用支援までの一貫したサービスを提供するとともに、Hadoopだけでなく同時に利用されるフリーOSや、オープンソースの監視/開発ツールも含めたトータルサポートを提供する。

 「HP ProLiant SL335s G7サーバ」は省電力/省スペースと大容量ディスクを両立した1Uハーフワイドサイズのサーバトレイ。プロセッサーには最大6コアの省電力AMD Opteron 4100シリーズを搭載、4Uシャーシに最大8ノードを搭載可能。「HP ProLiant SL160s G6サーバ」「HP ProLiant SL165s G7サーバ」はノードあたりのディスク容量密度を最大化した1Uフルワイドサイズのサーバトレイ。4Uシャーシに最大4ノードを搭載可能。「HP ProLiant SL160s G6サーバ」は、プロセッサーにインテル Xeon 5600シリーズを搭載、「HP ProLiant SL165s G7サーバ」はAMD Opteron 6100シリーズを搭載する。

 価格(最小構成)はHP ProLiant SL335s G7サーバが税込148,050円~、HP ProLiant SL160s G6サーバが191,100円~、HP ProLiant SL165s G7サーバが184,800円~。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top