OKI、最新x86サーバ「if Server Generation 6」6機種を新発売 | RBB TODAY

OKI、最新x86サーバ「if Server Generation 6」6機種を新発売

エンタープライズ モバイルBIZ

OKI「if Server DL380 Generation 6」
  • OKI「if Server DL380 Generation 6」
 OKIは21日、x86サーバ「if Server(アイエフ・サーバ)シリーズ」に、最新のインテルXeonプロセッサを搭載した「if Server Generation 6」合計6機種を追加、販売を開始した。出荷は、2009年6月中旬より。

 「if ServerシリーズGeneration 6」の内訳は、「if Server ML350 Generation 6」3モデルおよび「if Server ML370 Generation 6」2モデル、「if Server DL360 Generation 6」2モデル、「if Server DL380 Generation 6」2モデル、「if Server BL460c Generation 6」3モデル、「if Server BL490c Generation 6」2モデルとなる。「if Server ML350 Generation 6」「if Server ML370 Generation 6」がワー型サーバ。「if Server DL360 Generation 6」「if Server DL380 Generation 6」がラックマウント型サーバ。「if Server BL460c Generation 6」「if Server BL490c Generation 6」がブレード型サーバとなる。いずれも最新のインテルXeonプロセッサ5500番台を最大2個搭載可能。

 「if ServerシリーズGeneration 6」では、低消費電力のコンポーネントや高効率電源を採用し、従来機種よりさらに省電力化を実現した。CPUには、利用状況により駆動クロックを変え、アイドル時の電力管理を強化、消費電力の削減と最適化をする機能を有する最新のインテルXeonプロセッサを搭載。メモリはDDR3を採用し、従来のDDR2と比較して動作電圧を低下させ、最大で約25%の省電力化が図られている。同機種の第三世代サーバ「if Server 300シリーズGeneration 3」と比較すると、アイドリング時の消費電力がほぼ半減され、電力コストを約50%削減しているという。また、「if ServerシリーズGeneration 6」では、拡張I/Oスロット、大容量メモリスロット、ハードディスクドライブベイなどの拡張性を大幅に強化、将来のシステム増強やサーバ仮想化、サーバ統合にも十分対応できるスペックを備えたとのこと。

 価格は「if Server ML350 Generation 6」が201,600円(税込)〜、「if Server ML370 Generation 6」が324,450円〜、「if Server DL360 Generation 6」が267,750円〜、「if Server DL380 Generation 6」が282,450円〜、「if Server BL460c Generation 6」が276,150円〜、「if Server BL490c Generation 6」が370,650円〜。「if Serverシリーズ」全体で年間5,000台の販売を目標とする。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top