CTC、日本HP、MS、Hyper-V/Virtual Machine Manager 2008によるソリューションを共同で検証 | RBB TODAY

CTC、日本HP、MS、Hyper-V/Virtual Machine Manager 2008によるソリューションを共同で検証

 伊藤忠テクノソリューションズなど3社は27日、日本HPのx86サーバ「HP ProLiantサーバ」、ストレージ製品「HP StorageWorks」と、MSのサーバ仮想化技術「Microsoft Hyper-V」などを組み合わせたソリューションの検証を共同で実施する。

エンタープライズ その他
 伊藤忠テクノソリューションズ、日本ヒューレット・パッカード、およびマイクロソフトの3社は27日、日本ヒューレット・パッカードのx86サーバ「HP ProLiantサーバ」、ストレージ製品「HP StorageWorks」と、マイクロソフトのサーバ仮想化技術「Microsoft Hyper-V」、サーバ仮想化管理製品「Microsoft Virtual Machine Manager 2008」を組み合わせたソリューションの検証を共同で実施する。

 今回の協業により、伊藤忠テクノソリューションズの技術検証センター「テクニカルソリューションセンター」において、ユーザーの導入環境を想定したシステムとして、HP ProLiantサーバ、HP StorageWorks、Windows Server 2008に実装されたHyper-Vテクノロジ、Virtual Machine Manager 2008について、基本動作、キャパシティ、可用性などの基本動作検証を3社共同で実施し、サイジングデータの取得、およびシステム構築手法の確立を目指す。同検証から得られた結果は、ホワイトペーパーとして2008年10月に一般公開される予定だ。また、同検証で確立したシステム構築手法により構築したサーバ統合ソリューションを仮想化ソリューションのラインナップのひとつとして、2008年秋より提供する。

 このほか、Hyper-V、Virtual Machine Manager 2008デプロイメントマニュアルの作成やHyper-Vエンジニアの早期育成なども行われることとなっている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top