NEC、SaaS型「会議録作成支援サービス」で、株主総会向けサービスをあらたに発売 | RBB TODAY

NEC、SaaS型「会議録作成支援サービス」で、株主総会向けサービスをあらたに発売

エンタープライズ その他

画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 音声認識の概要
 NECは21日、音声認識技術を活用した「会議録作成支援サービス」において、あらたに株主総会向けサービスの販売を開始した。

 「会議録作成支援サービス」は、決算説明会や幹部の講話・セミナーなどの会場で録音した音声を、ネットワーク経由でテキスト化し、会議録のドラフトを自動作成するSaaS型サービス。これまでに決算説明会向け、講演録向けにサービスを提供中で、今回「株主総会向け」となる専門用語辞書を作成し、第三弾として提供する。

 株主総会は、株式会社にとって会社の意思を決定する最高機関であり、その議事については議事録を作成することが法律上義務付けられてる。また、審議の過程についても、社内への情報共有を目的に記録化が求められており、多くの企業が会議録作成に時間と労力を費やしている。新サービスは、音声認識技術を活用しテキスト化された会議録のドラフトを、音声再生機能が充実した専用のソフトウェアを利用して編集・作成するもの。

 提供価格は3万円(税別)〜。サーバなどの特別なシステムを導入することなく、申込後最短5営業日での利用が可能となる。なお、同サービスは、6月末に開催される東京急行電鉄の株主総会で利用される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top